コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルマントン号事件 ノルマントンごうじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルマントン号事件
ノルマントンごうじけん

和歌山県南部,潮岬付近でイギリス商船が遭難し日本人乗客全員が死亡した事件。1886年10月24日,横浜港を出港して神戸港に向かっていたイギリス商船『ノルマントン』号が暴風のため座礁・沈没した際,イギリス人乗組員は全員ボートで脱出したが,日本人乗客 25人は全員船内で溺死した。当時イギリス人に対する裁判権はイギリス領事にあり(→領事裁判),事件の審判は兵庫県神戸市駐在イギリス領事館内で行なわれた。ジェームズ・トループ領事は J.W.ドレーク船長以下全乗組員に無罪の判決くだした。世論は判決が差別的であると激昂,政府は兵庫県知事内海忠勝を告発人として船長を同領事館裁判所に告発した。同 1886年12月,神戸での予審終結をうけて神奈川県横浜市駐在イギリス領事館裁判所は船長に禁獄 3ヵ月の判決をくだした。この事件は,おりから高まりをみせていた領事裁判権廃止を含む不平等条約改正(→不平等条約)の国民運動にいっそうの刺激を与えることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノルマントンごう‐じけん〔‐ガウ‐〕【ノルマントン号事件】

明治19年(1886)英国船ノルマントン(Normanton)号が和歌山県沖で難破した際、船長以下の英国人船員は避難し、日本人乗客25名が全員死亡した事件。治外法権下の英国領事裁判が船長を無罪としたため、不平等条約に対する日本国民の憤懣(ふんまん)は高まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ノルマントン号事件【ノルマントンごうじけん】

不平等条約下における日本と英国の紛争事件。1886年10月24日英国貨物船ノルマントン号が紀州大島沖で沈没の際,英国人乗組員はボートで脱出したが,日本人船客23名は水死した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノルマントンごうじけん【ノルマントン号事件】

熊野灘で1886年10月に発生したイギリス船遭難にともない,領事裁判制度の弊害を国民に明らかにした事件。マダムソン・ベル汽船会社所有のイギリスの貨物船ノルマントンNormanton号(1533トン)が横浜から神戸に向かう途中,熊野灘で暴風にあい暗礁にふれて沈没した。船長ドレーク以下の乗組員26名はボートで脱出し,全員救助されたが,石炭艙に乗っていた日本人船客23名が全員救助されていないことが判明しただけでなく,その死体も発見されなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ノルマントンごうじけん【ノルマントン号事件】

1886年(明治19)のイギリス貨物船ノルマントン(Normanton)号の紀州沖難破事件。イギリス船員だけがボートで脱出し、置き去りにされた日本人乗客二三名は全員溺死。領事裁判制の下で、イギリス船長は三か月の禁錮刑に処せられ、賠償はなかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノルマントン号事件
のるまんとんごうじけん

1886年(明治19)10月24日、横浜から神戸へ向け熊野灘(なだ)を航行中の英国貨物船ノルマントン号が暴風のため航路を誤り勝浦沖で座礁沈没、日本人乗客全員が水死した事件。遭難当時ノルマントン号には乗組員のほか25名の日本人乗客がいたが、ボートで脱出したのは船長ドレーク以下乗組員だけで、日本人乗客は全員取り残され船と運命をともにした。船長の乗客に対する措置は明らかに不当であり、また人種的偏見に基づいていた。神戸駐在英国領事ツループの下で行われた海難審判では船長は無罪とされたが、国内世論はこれを不服として硬化し、日本政府もまた急遽(きゅうきょ)、兵庫県知事内海忠勝にドレーク船長を殺人罪で告訴するよう指令した。神戸での予審の後を受けて横浜駐在英国領事館ハンネン判事は12月8日ドレークを有罪、禁錮3か月とする判決を下した。この事件は、当時胎動しつつあった大同団結運動派に取り上げられ、これを契機に外交の刷新、条約改正を要求する声が盛んになった。[酒田正敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノルマントン号事件の言及

【条約改正】より

…日本はこの条件を承認して本案を議了にし,各国の同意を待つことにした。しかし,この交渉中にノルマントン号事件が発生し,日本国民の対英感情は極度に悪化し,政府の欧化政策に対する国権論者の批判も台頭してきた。また極秘裡に進められていた改正案を法律顧問ボアソナードが知り,新条約案は従来の不平等条約より国権を毀損するものだ,という意見書を秘密出版で流布させた。…

※「ノルマントン号事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノルマントン号事件の関連キーワード条約改正