ハイカラ

  • high collar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しゃれた,きざな,最新流行の,気のきいたなどので,1900年頃,帰朝したばかりの竹越与三郎望月小太郎,松本君平の3人が,当時欧米で流行のハイカラーをつけているのを『万朝報』の記者石川半山が「高襟党」と記したことに由来。当時の女性の型の一つであるひさし髪をハイカラ髪といい,その髪型の人をハイカラさんと呼んだ。吹けば飛ぶような軽薄さという連想から「灰殻」ともじって書かれるようにもなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
ハイカラー」に同じ。
「―で頤を突上げる苦しさを辛抱(がまん)して」〈魯庵社会百面相
《明治31、32年ごろの議会で、1を着用していた洋行帰りの議員たちを、「万朝報」がハイカラー党とからかって書き立てたところから》西洋風を気どること。流行を追ったり、目新しいものを好んだりすること。また、そういう人や、そのさま。「ハイカラな着物の柄」「ハイカラ趣味」「ハイカラさん」
西洋風に結った髪。ハイカラ髪。日本髪に対していう。
「たっぷりある髪を、無造作らしくひっつめの―に結んでいたが」〈里見弴・大道無門〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動
が原義。明治時代、西洋の文物を好む政治家・官吏が
を着用していたことから。高襟とも書く 目新しく、しゃれていること。西洋風なこと。また、そのさま。そのような人をもいう。 -な服装 -な家 -さん
ハイカラーに同じ。 フロツクコートに円筒帽シリドルを戴つて-を着け/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (high collar)⸨ハイカラー⸩
① たけの高いえり。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉猟官「フロックコートに円筒帽(シリドル)を戴って高襟(ハイカラ)を着け」
② (形動)(洋行帰りの人々が①を着用していたところから) 物事が、西洋風で目新しいこと。また、そうした欧米風や都会風を気取ったり、追求したりするさま。また、その人。
※毎日新聞‐明治三三年(1900)六月二一日「進歩党でも抜からず望月小太郎、蔵原惟廓などと云ふハイ、カラア党を迎へて」
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉一月一日「ああハイカラになっちゃ駄目だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハイカラの言及

【洋服】より

…しかし,極端な欧化は批判され,天下りによる流行はまもなく終りを告げた。日露戦争後の資本主義成熟期に再び洋風化が進み,流行の高衿(ハイ・カラー)から洋風をハイカラと呼ぶようになった。ハイカラなフロックコート背広は上流社会のエリート服であり,裾広がりのゴアード・スカートから,アール・ヌーボーのS形スタイルへとパリの流行を追う蜂腰長裾ドレスは,貴族・ブルジョア婦人の社交服であった。…

※「ハイカラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイカラの関連情報