コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイ ハイAl-Hayy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイ
Al-Hayy

イラク東部,ワーシト県の町。県都クート南南東約 50km,チグリス川分流でユーフラテス川に注ぐガッラーフ川沿岸に位置する。付近は沼沢地が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハイ(high)

[名・形動]
感情・気分が高揚していること。興奮していること。また、そのさま。「ハイな気分になる」
多く、複合語の形で用い、位置・程度が高いこと、数量が多いことなどを表す。「ハイネック」「ハイグレード」「ハイスピード」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ハイ【high】

( 名 )
他の外来語と複合して用いられる。
高さが高い意を表す。 「 --ジャンプ」 「 --ヒール」
高価な、高級な、上流の、などの意を表す。 「 --センス」 「 --ソサエティー」 「 --クラス」
( 形動 )
気分が高揚した状態。また、そのさま。 「 -になる」 「 -な気分」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイ
はい
[学]Calliophis japonicus boettgeri

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科のヘビ。有毒種で、徳之島、沖縄島やその周辺の離島に分布する。全長約40センチメートル。形態は別亜種のヒャン同様で細長いが、色彩が異なる。平地にもみられるが、山地や林縁部に比較的多い。[新城安哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハイの言及

【アルメニア人】より

…イラン,トルコ,カフカスが接するアルメニア地方の住民。自称はハイHay。形質はコーカソイド人種のアルメノイド型で,インド・ヨーロッパ語族のアルメニア語を話す。…

※「ハイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイの関連情報