コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバー=ボッシュ法 ハーバー=ボッシュほうHaber-Bosch process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーバー=ボッシュ法
ハーバー=ボッシュほう
Haber-Bosch process

アンモニア合成法の代表的方式。窒素と水素からアンモニアを合成する方法で,温度 500~600℃,圧力 300気圧,触媒 (酸化鉄酸化アルミニウム酸化マグネシウム,酸化カリウムを添加) の条件で行なわれる。ドイツのワルター・ヘルマン・ネルンストが理論的に扱っていたが,フリッツ・ハーバーが工業化のための条件を明らかにし,カール・ボッシュが完成した (1909) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーバー=ボッシュ法【ハーバーボッシュほう】

1910年代にF.ハーバーの理論的研究に基づきK.ボッシュが工業的に完成したアンモニア合成法。体積比で1:3の窒素と水素の混合気体を約250気圧に加圧し,400〜450℃で,酸化鉄(III)鉄(II)Fe3O4を主体とし酸化アルミニウム,酸化カリウムを添加した触媒層を通し,生成するアンモニアを冷却または水で吸収して分離する。
→関連項目アンモニア肥料工業硫安工業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のハーバー=ボッシュ法の言及

【アンモニア】より

…さらにイーゲー・ファルベン社において,K.ボッシュらが高圧装置を,ミタッシュA.Mittashらが触媒を,おのおの探究し,1910年代にアンモニア合成プロセスの完成をみた。これがハーバー=ボッシュ法Harber‐Bosch process(IG法)である。その後,合成工程内の各条件にそれぞれ特色をもたせたクロードClaude法,カザレーCasale法,ファウザーFauser法,ウーデUhde法,NEC法,東工試法の諸法が30年ごろまでに出そろった。…

【ボッシュ】より

…1908年アンモニア合成についてのハーバー法が実験室的に成功するや,BASF社は直ちにF.ハーバーと共同研究の契約を結び,09年,ボッシュがハーバー法工業化研究の責任者となった。彼は多数の化学者や装置技術者を組織して,触媒と高温高圧の技術を開発し,アンモニアの接触合成法〈ハーバー=ボッシュ法〉を確立し,13年,オッパウの工場で年間3万6000tの硫安を生産することに成功した。この合成法は,第1次世界大戦中にはアンモニアの酸化により火薬用硝酸の製造に,さらに尿素肥料の製造に利用された。…

※「ハーバー=ボッシュ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーバー=ボッシュ法の関連キーワードアンモニア工業アンモニア合成空中窒素固定窒素固定

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android