コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオ・レメディエーション バイオレメディエーション

1件 の用語解説(バイオ・レメディエーションの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バイオ・レメディエーション

有害汚染物質微生物により分解し,環境の修復を図る技術のことで,〈生物的環境浄化〉と訳される。自然の生態系が本来持っている自浄作用を強化する方法であるため,二次汚染の可能性が少ない,汚染現場での処理が可能,コストの抑制が可能などの特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

バイオ・レメディエーションの関連キーワードバイオレメディエーション汚染物質環境容量自浄作用土壌微生物腐植質生分解性汚染物酵素消化残留性有機汚染物質(POPs)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイオ・レメディエーションの関連情報