コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレーズ Varèse, Edgard(Edgar)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレーズ
Varèse, Edgard(Edgar)

[生]1883.12.22. パリ
[没]1965.11.8. ニューヨーク
フランス生れのアメリカの作曲家。自然科学を学んだのちに音楽に転じ,パリで V.ダンディ,A.ルーセル,C.ウィドールらに学んだ。 1907年ベルリンに行き,R.シュトラウスの影響を受けた。 15年に渡米,19年にアメリカ国籍を取得。 21年に国際作曲家組合,26年に汎アメリカ作曲家協会を創設し,現代アメリカ音楽の発展のために活動。電子音楽を最初に手がけた一人で,作品の題に科学用語を使用したものが多い。主作品は,管楽器打楽器の『顕微鏡』 (1922) ,小オーケストラ用の『積分』 (25) ,打楽器,ピアノ,サイレンの『電離』 (31) ,無伴奏フルートの『比重 21.5』 (36) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バレーズ

フランス生れの米国の作曲家。エンジニアを志したのち,1904年から生地パリでダンディルーセルビドールに作曲を学ぶ。1908年からはベルリンを本拠に作曲家,指揮者として活動し,ブゾーニ,R.シュトラウスホフマンスタールらと交流。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バレーズ【Edgard Varèse】

1883‐1965
フランス出身のアメリカの作曲家。パリで生まれ,当時家族と暮らしていたトリノ工科大学に入学したが中退し,1904年,パリのスコラ・カントルムに入学。作曲をダンディ,ルーセルに師事。08年からベルリンに滞在,ときどきパリに戻るという生活を続け,15年春,アメリカに移住。19年ニューヨークでニュー・シンフォニー・オーケストラを創設,世界の現代曲を紹介した。21年には作曲家の生活権と現代音楽の演奏の必要性を宣言して,ハープ奏者サルセドと国際作曲家組合をつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレーズ
ばれーず
Edgard (Edgar) Varse
(1883―1965)

アメリカの作曲家。フランス出身でパリ生まれ。スコラ・カントルムとパリ音楽院に学ぶ。パリ、ベルリンで指揮者として活動したのち、1915年渡米。「国際作曲家組合」を設立するなど現代音楽の発展普及に努め、27年アメリカに帰化した。「組織された音響」という独自の思想により、騒音主義の代表作とされる『イオニザシオン』(1931)をはじめ『密度21.5』(1936)、『砂漠』(1950?~54)、『ポエム・エレクトロニク』(1958)など次々に新しい実験的作品を発表、若い世代のミュージック・コンクレートや電子音楽に大きな影響を与えた。[益山典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバレーズの言及

【打楽器】より

…さらにストラビンスキーによる斬新なリズムと音響は新しい活力を与えた。バレーズは騒音も整えることで音楽に成りうるとして打楽器だけの《イオニザシヨンIonisation》(1931)を作曲した。ケージ,ハリソンLou Harrison(1917‐ )らが打楽器を中心に新しい音楽を創り始め,さらにヨーロッパではメシアンシュトックハウゼンらも打楽器で独自の世界を開き,西洋の音楽芸術に新しいジャンルを形成するほどになっている。…

※「バレーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バレーズの関連キーワードルーセル(Albert Roussel)ビオラ(Bill Viola)ミュジック・コンクレートアンドレ ジョリベウッドブロックフェルドマンレーノルズジョリベルッソロクラベスフェラリザッパ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バレーズの関連情報