パークス(読み)ぱーくす(英語表記)Van Dyke Parks

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パークス(Van Dyke Parks)
ぱーくす
Van Dyke Parks
(1943― )

アメリカのポピュラー・ミュージシャン、プロデューサー。ミシシッピ州生まれ。アメリカ・ポピュラー音楽界の鬼才とよばれる。ハリウッドの子役としてスタートし、続いてウォルト・ディズニー社とソングライターとして契約し、シングル盤もこの時代に残している。また、ボビー・ビーBobby Vee(1943― )に「ハイ・コイン」を書き、モジョー・メン、ハーパーズ・ビザールなどのロサンゼルスのローカル・ミュージシャンのプロデュースを行った。
 パークスの名がポピュラー・ミュージック界で広く知られるようになったのは、バーズのサイケデリック・ロック「霧の8マイル」(1966)におけるキーボード演奏と、ブライアン・ウィルソンBrian Wilson(1942― )と共同制作したビーチ・ボーイズのアルバム『スマイル』によってだった(同アルバムはビーチ・ボーイズ側の事情でお蔵入りとなった)。そしてビーチ・ボーイズの「英雄と悪漢」(1967)のプロデュースと、制作に4年を費やした自身の初ソロ・アルバム『ソング・サイクル』(1968)で、パークスはフィル・スペクター以降のもっとも革命的なスタジオ・ワークの担い手という評価を獲得した。スペクターの壮大なオーケストレーションとテープ・ディレイ(原音と、それを遅らせた反響音を重ね合わせる音響効果)の使用法を、さらに極限まで展開させたパークスのサウンドの万華鏡は、一部で高い評価を得たものの商業的には失敗する。
 1960年代後半からは、ライ・クーダー、ランディ・ニューマンRandy Newman(1943― )、リトル・フィートといった1970年代のアメリカン・ロックを担う俊英たちのプロデュースを手がける。
 その後、パークスの関心はニュー・オーリンズ音楽のシンコペーションとカリビアン・ミュージックに向かい、2枚目のソロ・アルバム『ディスカヴァー・アメリカ』(1972)には、トリニダード島のカリプソのリズムと、スチール・ドラム(ドラム缶を再生してつくった楽器)が大胆に取り入れられていた。さらにカリプソの第一人者マイティ・スパローMighty Sparrow(1935― )の『ホット・アンド・スウィート』(1974)、エッソ・トリニダード・スチール・バンドのデビュー作(1974)などもプロデュース。またソロ3作目『ヤンキー・リーパー』(1976)には、ストレートなカリプソやソカ(1970年代につくられたカリブ音楽。名前はソウル・ミュージックとカリプソからとられた)が収められていた。
 それらと並行してハリー・ニルソンHarry Nilsson(1941―1994)のアルバム・プロデュースやリトル・フィートのホーン・アレンジを手がけている。また、日本のロック・バンド、はっぴいえんどのサード・アルバム『Happy End』(1973)のなかの「さようならアメリカ、さようならにっぽん」のプロデュースも担当している。
 1980年代は、アメリカの昔話を素材にしたブロードウェー・ミュージカル『ジャンプ!』(1984)、ロバート・アルトマン監督の『ポパイ』(1980)のサウンドトラック、『東京ローズ』(1989)などをリリース。そのほかライ・クーダーが手がけた映画音楽、さらにはシド・ストローSyd Straw(1956― )、ピーター・ケースPeter Case(1954― )、ジョー・ヘンリーJoe Henry(1960― )といった新進のシンガー・ソングライターのアレンジ、プロデュースを手がける一方で、旧友ブライアン・ウィルソンとのアルバムをリリースするなどの活動を行う。[中山義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パークスの関連情報