ヒッパルコス[ニカイア](英語表記)Hipparchos of Nicaea

  • ニカイア
  • ヒッパルコス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前146~前127年頃活躍した古代ギリシアの天文学者,数学者。生地はビチュニアのニカイア。天体観測はおもにビチュニアとロードスで行なった。天の黄道と赤道の交点である春分点が移動すること(春分点歳差)を発見,それに基づいて,1回帰年(太陽年),1恒星年の長さを正確に求めた。また前129年 6段階の等級表示を施した 850に及ぶ恒星を含む史上初の星表を作成(→恒星目録)。ほかに太陽や月,惑星の運動の不規則性に注目し,長期にわたる注意深い観測を行なった。また視差,月食時の地球の影の幅から,太陽と月の相対的大きさと距離の決定を試み,それまでの推測値を改良した。ヒッパルコスの天文学上の業績は,クラウディオス・プトレマイオスに大きな影響を与えた。平面三角法の定理や,エラトステネス(前276頃~前194頃)の地理学を厳しく批判した。地球表面上の緯度経度を定める方法の考案でも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android