ビヤ樽(読み)ビヤだる

精選版 日本国語大辞典「ビヤ樽」の解説

ビヤ‐だる【ビヤ樽】

〘名〙 (ビヤはbeer) ビールを入れる中太の。腹の突き出た太った人にもたとえられる。ビール樽。
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉チャリネ曲馬の渡来「呼物は象の曲芸、ビヤ樽に乗って音楽に合せ前脚の鈴を鳴らしぐるぐる廻って後脚でチンチンなどひやひやさせる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ビヤ樽」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android