コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィン・ウゴル語派 フィンウゴルごは

百科事典マイペディアの解説

フィン・ウゴル語派【フィンウゴルごは】

ウラル語族に属し,ヨーロッパから西シベリアにかけて話される言語。フィン語派とウゴル語派に分かれ,フィン語派には,フィンランド語を中心とするバルト・フィン諸語,ペルム諸語マリ語チェレミス語),モルドビン語などがあり,ウゴル語派にはハンガリー語マンシ語ボグル語),ハンティ語(オスチャーク語)などがある。
→関連項目ウドムルト語ウラル語族カレリア[人]サーミ語フィン語ボート語リーブ語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィン・ウゴル語派
ふぃんうごるごは

フィン語派とウゴル語派の総称。北欧、東欧、ロシア連邦で話されるウラル語族の一語派。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィン・ウゴル語派の関連キーワードカレリア(ロシアの地名)コミ(ロシアの地名)フィン・ウゴル語派コミ・ペルミャクカレリア(民族)サモエード諸語カレリア[人]コミ(民族)エストニア語ユカギール族ボチャーク語マジャール人モルドビアマリ・エルエストニアジリャン語カレリアラップ語セタラコミ語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android