フル(英語表記)full

翻訳|full

デジタル大辞泉の解説

[形動]
限度いっぱいであるさま。十分であるさま。「能力をフルに発揮する」「フル操業」
全部にわたるさま。全部そろっているさま。「バンコクの正式名称をフルで言える」「フルメンバー」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿児島で生産される葉物野菜奄美大島で古くから栽培されている葉ニンニク。19世紀半ばにはすでに栽培の記録がある。当地方言による呼称。立ち性、半立ち性、垂れ葉性などの系統があり、香りがよい。油ゾーメン、鍋物、炒め物などに用いられる。県により「かごしまの伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(full)
[1] 〘形動〙 十分であるさま。いっぱいであるさま。全部にわたるさま。
※文芸春秋‐昭和一一年(1936)一〇月号・軍に直言する座談会「操業短縮をしないではフルに動かすことは出来ない」
[2] 〘語素〙 名詞の上に付けて、すべてにわたる、限度いっぱいである、などの意を添える。「フルスピード」「フルメンバー」「フル操業」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフルの言及

【フルベ族】より

…自称はプロPullo(単数。複数がフルベ)で,他称として,マンデ系の人々によるフラ族Fula,ハウサ族によるフラニ族Fulani,アラブ系の人々によるフェラタ族Fellataなどがある。言語の自称はプラール語Pulaar,フルデ語Fulde,フルフルデ語Fulfulde,フルベーレ語Fulbeereなどといい,ニジェール・コンゴ大語群の大西洋語群に属し,多くの名詞クラスをもつ。…

※「フル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルの関連情報