ブレンターノ(読み)ぶれんたーの(英語表記)Clemens Brentano

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレンターノ(Clemens Brentano)
ぶれんたーの
Clemens Brentano
(1778―1842)

ドイツ後期ロマン派の詩人。エーレンブライトシュタイン生まれ。父はイタリア系の豪商、母は若きゲーテが思いを寄せたマクシミリアーネ・ラ・ロシュ。1798年イエナ大学に遊学、シュレーゲル兄弟らのロマン派のサロンに出入りし、長編小説『ゴドウィ』(1800~02)を書いた。しかしあまり世間から相手にされず、1801年ゲッティンゲンに移り、のち彼の義弟となったアヒム・フォン・アルニムと親交を結ぶ。03年ゾフィー・メローと結婚。翌年ハイデルベルクへ居を移しアルニムの『隠者新聞』の発行に協力、また2人で収集・編集したドイツ民謡集『少年の魔法の角笛』三巻(1806~08)を刊行した。06年のゾフィーの死の翌年再婚したが数年後離婚。09~18年の間はおもにベルリンに住み、17年カトリックに改宗。その後数年間ある尼僧の看護をして暮らしたりしたが、尼僧の死後は転々と放浪生活を送り、33年ごろからは主としてミュンヘンに住んだ。
 ロマン派の詩人のなかでもっとも豊かな才能に恵まれ、ギターを弾きながら即興で歌った歌がそのままみごとな詩になっていたといわれる。文学のほとんどすべての分野に筆をとった。推理小説風の『複数のウェーミュラー氏』(1817)、牧歌的な『けなげなカスペルルと美しいアンネルルの物語』(1817)、中世を背景にした『遍歴学生年代記』(初稿1803執筆、死後1923発表、第二稿1818発表)などの短編小説や、『ゴッケル、ヒンケル、ガッケライア』(1838)をはじめ多数の童話を書いた。戯曲では『ポンス・ドゥ・レオン』(1804)、『プラハ建設』(1815)などが有名。しかし彼がもっとも本領を発揮したのは叙情詩の分野で、彼の詩の美しく高い音楽的な響きは比類がない。生前一冊の詩集も出さなかったためか、その真価が認められたのは比較的新しく、ことにカトリックに改宗後の詩に高い評価を与えたのは、現代ドイツの詩人エンツェンスベルガーが最初である。書簡も文学的香気に満ちている。[平井俊夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android