コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリニウス(小) プリニウス[しょう]Plinius Caecilius Secundus, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリニウス(小)
プリニウス[しょう]
Plinius Caecilius Secundus, Gaius

[生]61/62. コムム
[没]113頃.ビチュニア
ローマの書簡作家。大プリニウスの甥で養子,タキツスの友,クインチリアヌスの弟子。弁護士として世に出て,一連の官職を歴任。最後はビチュニア総督をつとめた。トラヤヌス帝に対する頌徳演説1編のほか,現存するのは 120通あまりの手紙を集めた『書簡集』 Epistulae (10巻) で,79年のベズビオ火山の爆発の描写,彼自身の別荘の記述,キリスト教徒の扱いについて述べているトラヤヌス帝との往復書簡など,文化史的価値が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プリニウス(小)の関連キーワードプリニー式噴火プラエネステヘロンダスコルヌツスコモ大聖堂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android