プリン(化学)(読み)プリン

百科事典マイペディアの解説

ピリミジン環とイミダゾール環の縮合環からなる複素環化合物C5H4N4。無色の結晶。融点216〜217℃。水,熱エタノールに易溶。プリン核をもつ化合物のうちで塩基性を示すものをプリン塩基といい,これには核酸の塩基成分であるアデニン,グアニンのほかアルカロイドの構成成分であるカフェイン,テオブロミンなど,生化学的に重要なものが多い。(図)
→関連項目ヌクレオシド6-メルカプトプリン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android