コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッドハンティング

5件 の用語解説(ヘッドハンティングの意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、経営者、経営幹部、それに準ずるミドル層などの
優秀な人材を外部からスカウトし、自社に引き入れることをいう。

ヘッドハンティングは、企業から直接依頼を受けた
ヘッドハンターによって行われる事が多い。

ヘッドハンティングは、事前に企業から一定の金額を
受け取って動くケースと、成果に応じて成果報酬を受け取るケースがある。

日本においては、外資系企業が中心となって
ヘッドハンティングを行ってきたが、最近では日本企業も
ヘッドハンティングを活用するケースが出てきている。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘッドハンティング(headhunting)

他の会社の有能な人材を、より有利な条件で引き抜くこと。ヘッドハント。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

ヘッドハンティング

・head hunting
・ある企業の人材を他の企業が引き抜くこと。
・嘗ては外資系企業やハイクラスの人材に限定されていたヘッドハンティングが、近年の人材の流動化の加速、企業の国際化に伴う人事戦略の一環として、あるいは先端技術産業分野などにおける人事戦略の一環として活発化し、一般化してきている。
・加えて、従業員側においても転職指向の高まりによって、ヘッドハンティングの認知は高まっており、日本の終身雇用制度を揺るがしている。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

ヘッドハンティング

ある企業の優秀な人材を他の企業がスカウト(引き抜く)すること。外資系企業では以前から人事戦略の一環として頻繁に行われていましたが、近年は企業の依頼に応じてヘッドハンティングを専門に手がける人材ビジネスが注目されるなど、広く企業社会全体に浸透しつつあります。
(2009/3/16掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヘッドハンティング【headhunting】

( 名 ) スル
他の会社などから優秀な人材を引き抜くこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘッドハンティングの関連キーワード集中型マーケティングコンテクスト・マーケティングバッティングヘッドスライディングヘッドハンターソーシャルマーケティングヘッドハント農業経営者インセンティブツアーとコーポレートミーティングツアー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘッドハンティングの関連情報