コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベヨネース列岩 ベヨネースれつがんBayonnaise rocks

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベヨネース列岩
ベヨネースれつがん
Bayonnaise rocks

東京都伊豆諸島の南方にある岩礁群。ベヨネイズ列岩ともいう。面積 0.01km2。植物の生育しない岩礁で,渡り鳥の休息地。周辺は黒潮が流れ,カツオの好漁場。ベヨネース列岩の東側の海底には直径約 8kmの海底カルデラ火山(→海底火山カルデラ)があり,ベヨネース列岩はその外輪山の西縁にあたる。活火山で,1946年の噴火では高さ 100mの島を生じたがまもなく沈下した。この海底カルデラ火山の東側,ベヨネース列岩から約 10kmに海底複式火山の中央火口丘である明神礁がある。明神礁は 1952年に海底噴火し,調査中の海上保安庁水路部観測船『第5海洋丸』が遭難,31人が死亡した。1970年まで断続的に噴火,1971年以後も周辺の海水が白く濁るなど,火山活動の兆候を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベヨネース‐れつがん【ベヨネース列岩】

伊豆諸島、青ヶ島の南約60キロにある岩礁群。明神礁を火口丘とする海底火山のカルデラの縁。弘化3年(1846)フランス軍艦ベヨネーズ(Bayonnaise)が発見した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベヨネース列岩【ベヨネースれつがん】

伊豆諸島青ヶ島の南方約60kmにある岩礁の一群。ベヨネーズ列岩とも。富士火山列に属する海底火山(活火山)の外輪山の一部で,複輝石安山岩からなる。明神礁もこの火山の一峰。
→関連項目伊豆諸島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ベヨネース列岩

東京都伊豆諸島の青ケ島の南方約58kmに位置する岩礁群。嘉永3年(1850)、フランスの軍艦ベヨネースが発見したことから命名。「ベヨネース岩礁」とも。しばしば火山活動が観測され、接岸は困難。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベヨネースれつがん【ベヨネース列岩】

伊豆七島青ヶ島の南方60km(北緯31゜55.3′,東経139゜54.5′)にある,3個の大礁と数個の小礁よりなる岩礁群。英語ではBayonnaise Rocks。東京都八丈支庁管内にある。ベヨネーズ列岩と呼ばれることも多い。フランスの軍艦〈バイヨネーズ〉によって1846年に発見され,命名された。標高は最高で9.9m,つねに強い波浪にさらされ,植生はほとんどない。付近の海底地形から,この岩礁は,その東北東10kmにある明神礁を中央火口丘の一つとする二重式海底火山の西側外輪山の一部と考えられ,ケイ酸分51.95%の塩基性の岩石よりなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベヨネース列岩
べよねーすれつがん
Bayonnaise Rocks

伊豆諸島青ヶ島南方約60キロメートル(北緯31度55分、東経139度55分)にある、玄武岩質で最高約10メートルの3個の岩礁と数個の小礁。東京都八丈支庁管内。1846年(弘化3)フランス軍艦バイヨネーズが発見、命名した。1952~1953年(昭和27~28)に東北東約8キロメートルに出没した新火山島、明神(みょうじん)礁(石英安山岩)を中央火口丘の一つとする、二重式海底火山のカルデラの西縁にあたる。ベヨネース岩礁とか、ハロース(波浪の巣の意)ともよばれる。接岸は至難だが、1953年10月5日、アメリカの海洋観測船ベアード号の調査団長がゴムボートで岩石の採取に成功し、日本へも寄贈された。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベヨネース列岩の関連キーワード日本の活火山ハロース須美寿島諏訪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android