コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモ ホモhomo

翻訳|homo

5件 の用語解説(ホモの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホモ(homo)

《同じ、の意》
同一細胞内に同一の遺伝子が対になって存在すること。一組の対立形質をAとaで表すと、AAかaaの遺伝子型となる。同型。⇔ヘテロ
《homosexualの略》同性愛者。ふつう、男性にいう。

ホモ(〈ラテン〉Homo)

ラテン語で「人間」の意》霊長目ヒト科ヒト属(ホモ属)に分類される哺乳類の総称。人類。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ホモ【homo】

他の外来語の上に付いて、「同種の・同型の・均質の・同性の」などの意を表す。 ↔ ヘテロ
「ホモ接合体」の略。

ホモ【Homo】

〔人間の意〕
霊長目(サル目)ヒト科ヒト属の学名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホモ
ほも
homozygous

同型配偶子や同型接合体の略称としても用いられ、同型ともいう。二倍体以上の染色体をもつ高等生物で、一つ以上の遺伝子座について、等しい対立遺伝子をもつ細胞または個体をいい、互いに異なった対立遺伝子をもつヘテロheterozygousに対する語。たとえば、1組の対立遺伝子をAaとすれば、AAaaの遺伝子型をもつ個体をホモといい、Aaの遺伝子型をもつ個体をヘテロという。また、2組の対立遺伝子をAaBbとすれば、AABBAAbbaaBBaabbの遺伝子型をもつ個体はそれぞれABAbaBabについてホモであるという。細菌やファージなどの半数体の生物で、染色体の一部が重複して存在し、等しい対立遺伝子をもつ場合にも使用される。すべての遺伝子についてホモである個体は純系といい、純系ではヘテロの状態では発現しなかった致死遺伝子などを含む多くの劣性遺伝子が発現し、環境に対する適応性が弱い場合が多い。エンドウなどの自家受粉する植物では、世代とともに、ヘテロ接合体の頻度が減少し、それとともにホモ接合体の頻度が上昇する。遺伝学的な研究目的で、同一系統内で交配を繰り返して、各遺伝子がホモ接合になった近交系がつくられ、純系として実験に供せられる。しかしこれらはヘテロ接合体を多くもつ野生型の生物に比べて生存力や生殖能力が劣るものが多い。[黒田行昭]
『駒井卓著『人類の遺伝学』(1966・培風館) ▽J・F・クロー著、木村資生・北川修・太田朋子訳『遺伝学概説』(1991・培風館) ▽安田徳一著『人のための遺伝学』(1994・裳華房) ▽黒田行昭編著『21世紀への遺伝学1 基礎遺伝学』(1995・裳華房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホモの関連情報