コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイル‐シャルルの法則 Boyle-Charles' law

法則の辞典の解説

ボイル‐シャルルの法則【Boyle-Charles' law】

ボイルの法則*シャルルの法則*を一つにまとめたもの.つまり

pVnRT

の式のことで,厳密にこの法則に従う気体のことを「理想気体」という.

シャルルの法則は,アモントンの法則とかゲイ=リュサックの法則*とも呼ばれるので,ボイル‐アモントンの法則*ボイル‐ゲイ=リュサックの法則*という別名もあるが,フランスの文献以外ではあまり目にすることはない.なおこれとは別に「クラペイロンの法則」またはクラペイロン‐メンデレエフの法則*とも呼ばれるが,これは土木工学などの分野で主に使われているようである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイル‐シャルルの法則
ぼいるしゃるるのほうそく
Boyle-Charles' law

ボイルの法則とシャルルの法則(ゲイ・リュサックの法則ともいう)を組み合わせたもの。ボイル‐ゲイ・リュサックの法則ともいう。
 気体の体積・圧力・絶対温度をそれぞれVPTで表すと、nモルの気体についてはPV=nRTなる関係式が成立する。Rは気体定数で、SI単位系ならば、8.314ジュール/Kである。ボイルの法則(PV=一定)と、シャルルの法則(定圧下の体積膨張の割合は、零0℃の体積の273分の1である)を組み合わせ、モルの概念を導入すると得られる。この法則に厳密に従う気体を理想気体という。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボイル‐シャルルの法則の関連キーワードシャルル(Jacquesマリオット‐ゲイ=リュサックの法則ボイル‐ゲイ=リュサックの法則クラペイロンの状態方程式ボイル‐アモントンの法則実在気体の状態式理想気体の法則気体分子運動論熱力学の法則気体の状態式気体の諸法則状態方程式気体温度計クレーニヒ気体定数測深機状態式温度

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android