コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイル‐シャルルの法則 Boyle-Charles' law

2件 の用語解説(ボイル‐シャルルの法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ボイル‐シャルルの法則【Boyle-Charles' law】

ボイルの法則*シャルルの法則*を一つにまとめたもの.つまり

pVnRT

の式のことで,厳密にこの法則に従う気体のことを「理想気体」という.

シャルルの法則は,アモントンの法則とかゲイ=リュサックの法則*とも呼ばれるので,ボイル‐アモントンの法則*ボイル‐ゲイ=リュサックの法則*という別名もあるが,フランスの文献以外ではあまり目にすることはない.なおこれとは別に「クラペイロンの法則」またはクラペイロン‐メンデレエフの法則*とも呼ばれるが,これは土木工学などの分野で主に使われているようである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボイル‐シャルルの法則
ぼいるしゃるるのほうそく
Boyle-Charles' law

ボイルの法則とシャルルの法則(ゲイ・リュサックの法則ともいう)を組み合わせたもの。ボイル‐ゲイ・リュサックの法則ともいう。
 気体の体積・圧力・絶対温度をそれぞれVPTで表すと、nモルの気体についてはPV=nRTなる関係式が成立する。Rは気体定数で、SI単位系ならば、8.314ジュール/Kである。ボイルの法則(PV=一定)と、シャルルの法則(定圧下の体積膨張の割合は、零0℃の体積の273分の1である)を組み合わせ、モルの概念を導入すると得られる。この法則に厳密に従う気体を理想気体という。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボイル‐シャルルの法則の関連キーワードゲイ=リュサックの法則シャルルの法則ボイルシャルルの法則ボイル・シャルルの法則気体の諸法則ボイル‐アモントンの法則マリオット‐ゲイ=リュサックの法則マリオット‐ボイルの法則メルケルの法則メンデルの遺伝法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone