コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーア半径 ボーアはんけいBohr radius

5件 の用語解説(ボーア半径の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーア半径
ボーアはんけい
Bohr radius

ボーアの原子理論における水素原子の第一軌道半径。記号は a0 ただし h はプランク定数,me は電子の質量,e は電気素量,μ0 は真空の透磁率,c は真空中の光速度。ボーア半径は原子の大きさの目安を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボーア‐はんけい【ボーア半径】

古典的量子論から求められる水素原子安定状態における半径。0.0528ナノメートル。原子の大きさの見当をつける値として使われたこともある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ボーアはんけい【ボーア半径】

1913年に提出されたN.H.D.ボーアの水素原子理論によると,水素原子の基底状態(もっともエネルギーの低い状態)においては,電子が原子核(陽子)のまわりに半径a=ħ2/me2の円運動をしている。ただし,mは電子の質量,eは電子の電荷の絶対値,ħ=h/2π(hはプランク定数)である。この半径aをボーア半径といい,a=5.29177×10-11mである。ボーアの理論は前期量子論の糸口となり,続いて量子力学が現れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボーアはんけい【ボーア半径】

ボーアの水素原子模型で、原子核に最も近い安定な電子軌道の半径。原子の世界での長さの単位として用いられる。約 5.29×10-11 m  

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーア半径
ぼーあはんけい
Bohr radius

水素原子の基底状態における広がりの程度(通常、水素原子内電子の第一軌道半径)のこと。長さの単位として用いられ、記号はa0である。プランク定数hを2πで割ったものをeを単位電荷、mを電子の質量としたとき2/me2の長さをいい、a0=5.29177249×10-11mの大きさをもつ。
 古典力学を用いて水素原子の広がりを導き出すことができるとすれば、この広がりを表す長さの次元を有する量が、質量および電荷の組合せによって表すことができるはずであるが、それは不可能である。デンマークの理論物理学者N・ボーアは、古典力学に基づいた電子の軌道に、プランク定数を用いた軌道選択の条件すなわち量子条件を付加して、水素原子の広がりを表すボーア半径を導いた。実際の場合にはmのかわりに陽子の質量Mmとで表される換算質量μ(ミュー)を用いる。また水素原子の高いエネルギー状態(励起状態)はボーア半径の整数倍の広がりをもつ。[田中 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のボーア半径の言及

【原子】より

…ただし,は原点(陽子の位置)からの距離を表す。aはボーアの原子模型におけるn=1の円軌道の半径,すなわち,a=ħ2/me2であり,ボーア半径と呼ばれる。その値はa=0.53×10-10mである。…

※「ボーア半径」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone