コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアソン ポアソン Poisson, Siméon-Denis

8件 の用語解説(ポアソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポアソン
ポアソン
Poisson, Siméon-Denis

[生]1781.6.21. ピチビエ
[没]1840.4.25. パリ
フランスの数学者。数学が好きでたまらず,父の意にそむいて医学を断念し,エコール・ポリテクニク入学 (1798) 。ここで,J.ラグランジュや P.ラプラスに認められ,エコール・ポリテクニク講師となり (1802) ,J.フーリエの跡を継いで教授になる (06) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポアソン(〈フランス〉poisson)

《「ポワソン」とも》魚。魚肉。

ポアソン(Siméon Denis Poisson)

[1781~1840]フランスの数学者・物理学者定積分微分方程式論を研究。変分法・確率論など幅広い分野で業績をあげ、また数学を熱力学・電磁場論などの物理学に応用した。電位などのポテンシャルを記述するポアソン方程式をはじめ、確率論でポアソン分布ポアソン過程)、熱力学でポアソンの法則、弾性論でポアソン比などを導き出した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポアソン

フランスの数学者,物理学者。1806年エコール・ポリテクニク教授。定積分,フーリエ級数を研究,ポテンシャル論ポアソン微分方程式,確率論でポアソン分布を立てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポアソン【Siméon Denis Poisson】

1781‐1840
フランスの数学者,物理学者。ロアレ県ピティビエールに生まれる。父はそこの行政官であった。1798年パリに出て,エコール・ポリテクニクに入学したが,特別な優等生であったため最終試験は免除され,1800年には解析学の助手に任命されたほどであった。そのときすでに消去法と定差方程式についての論文を発表していた。06年にはJ.B.J.フーリエの跡をついで正教授になった。08年経度局の天文学者フランス学士院メンバーブルボン王政復古後の16年にはパリ大学理学部の力学教授など,40年4月25日没するまで栄光の地位を保って,生涯を数学,数理物理学の研究と教育に捧げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポアソン【poisson】

フランス料理で、魚料理。

ポアソン【Siméon Denis Poisson】

1781~1840) フランスの数学者・物理学者。パリ大学教授。熱・音・光・毛管現象などの研究のほか、確率論などにも大きく貢献。気体の断熱変化における圧力と体積との関係を示すポアソンの法則、ポテンシャル概念を拡張したポアソン方程式などが有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポアソン
ぽあそん
Simon-Denis Poisson
(1781―1840)

フランスの数学者、物理学者。ピティビエに生まれ、理工科大学校(エコール・ポリテクニク)に学んだ。在学中、ラグランジュラプラスらに才能を認められ、卒業後、母校の代理教授となり、1806年にはフーリエの後任として教授に就任。1809年、新設のパリ大学理学部教授となった。数学、応用数学の広い分野にわたって業績があり、定積分・微分方程式論を研究し、ポテンシャル概念を導入(1813)したが、これと関連して「ポアソン方程式」はよく知られている。そのほか変分法やフーリエ級数、「ポアソン分布」などで知られる確率論に大きな業績をあげた。数学の物理学への応用面での熱学、毛管現象、電磁場論、引力論などの研究もあり、弾性の実験では「ポアソン比」を導入している。アカデミー会員で、のち上院議員も務めた。主著『力学概説』Trait de mcanique(1811)をはじめ、300以上の著書、論文がある。[藤村 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポアソンの言及

【電気】より

…これ以後,与えられた電荷の分布から,その周囲に及ぼされる電気力を計算することが大きな課題となった。この方面でとくに大きな成果をあげたのはS.D.ポアソンである。彼は1770年代からJ.L.ラグランジュ,P.S.ラプラスが展開していたポテンシャルの概念を一般化し,当時かなり高度の発達を見ていた解析学を駆使して静電気学の基礎をあらかたきずいてしまった。…

【ポアソン比】より

…等方性の物質に,一つの方向の伸びの応力を加えると,その方向に伸びのひずみεを生ずるとともに,それに垂直な方向には逆方向(縮み)のひずみε′を生ずる。このときν=|ε′/ε|をポアソン比と呼ぶ。圧縮の応力を加えたときも同様に定義される。…

※「ポアソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポアソンの関連キーワードアラゴアンペールガロア数理物理学デュロンピエロンホイヘンス列氏グルサド・モアブル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポアソンの関連情報