コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーツマス条約 ポーツマスじょうやくTreaty of Portsmouth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーツマス条約
ポーツマスじょうやく
Treaty of Portsmouth

日露戦争終結に際して日本ロシア間で結ばれた講和条約。 T.ルーズベルト大統領の斡旋によって 1905年8月 10日からアメリカの軍港ポーツマスで講和会議が開かれた。全権委員は日本側が小村寿太郎高平小五郎,ロシア側が S.ウィッテと R.R.ローゼン樺太 (サハリン) 割譲と賠償の問題をめぐって交渉は難航し,日本側が賠償金の要求を撤回した結果,同9月5日講和が成立した。そのおもな内容は,(1) 日本が朝鮮において指導,保護,監理を行う権利を有すること,(2) 両国が満州から撤兵すること,(3) 関東州租借地と長春-旅順間の鉄道を日本に譲渡すること,(4) 北緯 50°以南の樺太を日本に割譲すること,(5) 日本海,オホーツク海ベーリング海のロシア沿岸漁業権を日本に与えることなどであった。日本国内では賠償金と領土獲得を期待する声が強く,講和条約に不満の民衆は日比谷焼打ち事件などの行動を起した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポーツマス‐じょうやく〔‐デウヤク〕【ポーツマス条約】

明治38年(1905)日本とロシアとがアメリカのポーツマスで結んだ日露戦争講和条約。日本は小村寿太郎、ロシアはウィッテを首席全権とし、韓国における日本の優越権の承認、関東州の租借権および長春・旅順間の鉄道の日本への譲渡、南樺太の日本への割譲などを決めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポーツマス条約【ポーツマスじょうやく】

日露戦争の講和条約。日露講和条約とも。1905年,T.ローズベルトの斡旋で,米国のポーツマスで小村寿太郎ウィッテにより調印(9月5日)。講和会議は,日本側要求の割地と償金問題で危機に陥ったが,日本の賠償金などの放棄で妥結。
→関連項目桂=タフト協定桂太郎内閣樺太庁サハリン千島列島日英同盟日本海海戦非武装地帯ポーツマス(アメリカ)ユジノ・サハリンスクロジェストベンスキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポーツマスじょうやく【ポーツマス条約 Portsmouth Treaty】

1905年9月5日調印された日露戦争の講和条約。日本政府は日本海海戦後,アメリカ合衆国T.ローズベルト大統領に,日露講和の斡旋を希望し,同大統領は6月9日,正式に日露両国に講和勧告書を手交,ついで6月26日,アメリカ北東部,ニューハンプシャー州のポーツマスを日露講和談判地に指定した。一方,日本政府は,韓国の自由処分,ロシア軍の満州撤兵,遼東半島租借権およびハルビン~旅順間鉄道の日本への譲与を絶対条件とし,他に比較的必要条件,付加条件などをもりこんだ日露講和条約の大綱を6月30日閣議決定するとともに,7月には桂=タフト協定,8月には日英同盟の改訂を行い,日本の朝鮮支配について,アメリカ,イギリスの了解を獲得し,講和会議にそなえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポーツマスじょうやく【ポーツマス条約】

1905年(明治38)9月、アメリカのポーツマスにおいて調印された日露戦争の講和条約。アメリカ大統領ルーズベルトの仲介によるもので、日本全権代表は小村寿太郎、ロシア全権代表はウィッテ。日本の韓国における権益の承認、旅順・大連の租借権および長春以南の鉄道と付属の利権の譲渡、樺太南半の割譲などを決めたが、賠償金は獲得できないなど講和の内容に対する国民の不満が高まり、東京では暴動が発生した。 → 日比谷焼打事件

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーツマス条約
ぽーつますじょうやく
Portsmouth Treaty

1905年(明治38)9月4日(日本時間9月5日)、アメリカ合衆国ポーツマスで調印された日露戦争の講和条約。日本は日露戦争の個別戦闘には勝利したが、戦力が限界点に達していたため、日本海海戦の勝利を機にアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトに講和の斡旋(あっせん)を依頼した。日露両国のいずれかが圧倒的勝利を収め、満州を独占することを恐れたアメリカの立場と、国内の革命運動抑圧のため戦争終結を望むロシアの希望とが一致し、小村寿太郎(じゅたろう)とウィッテを首席全権とする講和会議が8月1日から17回にわたり行われた。ロシアの強硬な態度により日本は償金獲得をあきらめ、次の内容の条約が成立した。〔1〕ロシアは、日本が韓国において軍事上、経済上に卓越した利益を有することを承認し、日本が韓国に指導、保護および監理の措置をとることを妨げない。〔2〕両国は満州から同時に撤兵し、満州を清国に還付する。〔3〕ロシアは清国の同意を得て遼東(りょうとう)半島南部の租借権、長春(ちょうしゅん)―旅順(りょじゅん)間の鉄道と沿線の炭坑を日本に譲渡する。〔4〕ロシアは日本に樺太(からふと)の北緯50度以南を割譲し、沿海州漁業権を許与する。
 日本はこの条約でロシアの満州侵略の遺産を継承し大陸進出の地歩を固めた。しかし戦勝に過大な期待を抱いた国民は賠償金を伴わない条約に失望し、全国的な講和反対運動が起き、9月5日、日比谷(ひびや)公園で開かれた国民大会は内相官邸焼打ちなどの騒擾(そうじょう)となった。[藤村道生]
『信夫清三郎・中山治一編『日露戦争史の研究』(1959・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポーツマス条約の言及

【ソビエト連邦】より


[日ソ基本条約]
 シベリア戦争に結着をつけ,日ソ国交を開いたのは,25年1月20日調印の日ソ基本条約と付属議定書であった。日本はソ連に1905年のポーツマス条約を認めさせ,北サハリンにおける油田の50%の利権供与を約束させた。日本国内ではコミンテルンの指導下に生まれた日本共産党が活動を続けており,知識人の間にソ連への関心がしだいに高まった。…

【日露戦争】より

…アメリカのポーツマスで8月10日から講和会議が開かれ,29日まで十数回の会談が続けられた。日本側が要求した賠償金と領土割譲をロシア側は受け入れず,交渉は難航したが,最終段階でロシア側が譲歩して決着がつけられ,9月5日両国全権の間で日露講和条約(ポーツマス条約)の調印が行われた。その内容は,ロシアが日本の韓国に対するいっさいの指導権を承認し,旅順,大連の租借権と長春以南の鉄道ならびに付属利権を日本に譲渡すること,さらに北緯50゜以南の樺太を割譲し,沿海州とカムチャツカにおける日本の漁業権を認めるというものであった。…

※「ポーツマス条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポーツマス条約の関連キーワードポーツマス(アメリカ合衆国、ニュー・ハンプシャー州)ユジノ・サハリンスク日比谷焼き打ち事件サハリンの残留邦人日ロ領土の変遷S. ウィッテ山座 円次郎小村 寿太郎日ソ基本条約コルサコフ南満州鉄道中村 進午ホルムスク大連と旅順桂 太郎東北振興池辺三山小川平吉中村進午内田良平

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポーツマス条約の関連情報