コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイケルソン=モーリーの実験 マイケルソン=モーリーのじっけん Michelson-Morley's experiment

3件 の用語解説(マイケルソン=モーリーの実験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイケルソン=モーリーの実験
マイケルソン=モーリーのじっけん
Michelson-Morley's experiment

エーテルに対する地球の運動を確かめるため A.A.マイケルソンが E.W.モーリーとともに行なった光の干渉実験。マイケルソンは 1881年にマイケルソンの干渉計呼ばれる精密な干渉計を用いて実験を行い,次いで 87年モーリーとともにこれを繰返した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マイケルソン=モーリーの実験【マイケルソンモーリーのじっけん】

エーテルに対する地球の運動を検出するため行われた実験。光線を互いに垂直な2方向に分け,それぞれ鏡との間の距離を往復させた後再び合成して干渉させる。エーテルに対し地球が運動している方向と,それに垂直な方向では,同じ距離に対しても光の往復に要する時間が異なるので,二つの光線で位相の差を生じ,干渉じまを生じるが,装置全体を90°回転させれば位相差が変化するので干渉じまは移動するはずである。
→関連項目光速度フィッツジェラルドローレンツローレンツ収縮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マイケルソンモーリーのじっけん【マイケルソン=モーリーの実験 Michelson‐Morley experiment】

光の媒質としてその存在が考えられていた絶対静止のエーテルに対する,地球の相対運動を検証しようとして企てられた実験。結果は1887年に発表されたが,絶対静止系(エーテル系)の存在について否定的なもので,アインシュタイン特殊相対性理論を生む重要な根拠となった。 絶対静止系が存在し,光は,この座標系で測ってc≒3×108m・s-1で進むものとしてみよう。ガリレイ変換に従うならば,エーテルに対してvの速さで動いている観測者からみると,光の速度はc±vとなるであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマイケルソン=モーリーの実験の言及

【エーテル】より

…T.ヤングやフレネルによる光の波動説の再確認(18世紀末から19世紀初頭)によって,この了解は公的なものとなったと言ってよい。 19世紀末近く,地球が光エーテル系に対してもつはずの速度の実際的測定を目指した〈マイケルソン=モーリーの実験〉は,意外にもまったく期待された結果を示さず,結果的には,光エーテル系の存在そのものの疑問ともなったが,H.A.ローレンツ,G.F.フィッツジェラルドらの数学的な提案を経て,アインシュタインの特殊相対性理論の提唱(1905)によって,この問題の解決は得られた。一方,19世紀後半,電磁現象の統一的解釈として提案されたJ.C.マクスウェルの電磁方程式は,新たな空間像としての〈場〉の概念の数学的な確立を告げるものであり,量子力学も今日その延長上に展開され,素粒子もまた,そうした空間(場)としての定義を受けるに及んでいる。…

【相対性理論】より

…これはあまりに明白な理論的困難である。一方,速度の異なる座標系で光速を測定し,果たして差が現れるかどうかをみようとする実験も行われた(マイケルソン=モーリーの実験)が,そのような光速の差を検出することはできなかった。これは,(2)式の速度の合成則が成り立っていないことを意味するものであり,深刻な困難であった。…

※「マイケルソン=モーリーの実験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイケルソン=モーリーの実験の関連キーワードエーテル屈折率現存在絶対空間媒質フレネル入射チェレンコフ効果ヴァンアレン帯フレネルの反射公式エチルエーテル絶対空間マイケルソン=モーリーの実験メチルエーテル極運動試算石油エーテル確かめる・慥かめる地動確かめる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone