コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサッチョ Masaccio

百科事典マイペディアの解説

マサッチョ

イタリアのフィレンツェ派の画家。本名トンマゾ・ディ・セル・ジョバンニ・ディ・モーネTommaso di ser Giovanni di Mone。フィレンツェの近郊に生まれる。早死したが,ジョットの遺産を継承しつつ,ブルネレスキの透視図法とドナテロの彫塑性を学んで初期ルネサンス絵画の基礎を確立し,盛期ルネサンス絵画への道を開いた。伝記的資料はきわめて乏しく,フィレンツェのカルミネ聖堂のブランカッチ礼拝堂壁画は師とされるマソリーノ・ダ・パニカーレとの共同制作であるが,《貢の銭》などのペテロ伝や《楽園追放》はマサッチョに帰せられている。他に《三位一体》(1427年―1428年,フィレンツェ,サンタ・マリア・ノベラ大聖堂壁画)など,またピサのカルミネ聖堂に描いた多翼祭壇画がヨーロッパ,アメリカ各地に分散して所蔵されている。
→関連項目アルベルティアンドレア・デル・カスターニョ遠近法サンタ・マリア・ノベラ聖堂リッピ[父子]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マサッチョ【Masaccio】

1401‐28ころ
イタリアの画家。本名はトンマゾ・ディ・ジョバンニTommaso di Giovanni。トスカナ地方のサン・ジョバンニ・バルダルノSan Giovanni Valdarnoの公証人の家に生まれ,1422年にフィレンツェの画家組合に登録される。師は明らかではないが,同時代人で交友関係もあったとされる建築家ブルネレスキと彫刻家ドナテロから影響を受けたことは確かであろう。近年発見された現存する彼の最初期の作品《サン・ジョベナーレ三連祭壇画》(1422。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マサッチョ
まさっちょ
Masaccio
(1401―1428)

イタリアの画家。本名Tommaso di Ser Giovanni di Mone。マサッチョは通称。トスカナ地方の山村サン・ジョバンニ・バルダルノ生まれ。1422年フィレンツェに出て、28年にローマに赴くまでこの都市で制作活動を続けるが、この年27歳でローマに没している。彼の真筆として確実視される制作は4か所に残されているが、そのうち、フィレンツェのサン・タンブロッジョ聖堂の祭壇画として描いた『聖母子と聖アンナ』(1424~25・ウフィツィ美術館)と、同市サンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂内ブランカッチ礼拝堂に制作した『貢(みつぎ)の銭(ぜに)』を含む一連の壁画は、マソリーノとの共作である。あとの二つは、26年にピサのカルミネ聖堂のための三幅対祭壇画(現在解体されてピサ、ナポリ、ロンドン、ベルリン、ウィーンの各美術館に分散所蔵)と、25年前後にフィレンツェのサンタ・マリア・ノベッラ聖堂に描いた壁画『聖三位(さんみ)一体』である。
 初期ルネサンス美術でマサッチョが果たした役割は画期的なものであったが、これには同時代の先達、建築家ブルネレスキと彫刻家ドナテッロに負うところが大きかった。ブルネレスキから学んだ透視図法は『聖三位一体』に端的に反映しているし、ドナテッロからは『聖母子と聖アンナ』などにみられる硬い彫塑的なモデリングを会得している。彼の最大の功績は人体や衣装の表現に光の効果を導入したことで、それによって高められた色彩効果は、その後の画家にとって斬新(ざんしん)な指針となった。なお、フィレンツェと彼の出生地との中間に位置する寒村カッシアのサン・ジョベナーレ聖堂で発見された、聖母子に諸聖者を配した三幅対祭壇画(1422年4月23日と制作時の銘記がある)をマサッチョの最初期の制作とみなす説が近年たてられ、作品自体はウフィツィ美術館に所蔵されている。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

マサッチョ

生年月日:1401年12月21日
イタリアの画家
1428年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のマサッチョの言及

【国際ゴシック様式】より

…しかし,プラハを中心とするボヘミアではフス戦争,フランスではアザンクールの敗戦,ベリー公の死,ブルゴーニュ公のディジョンからブルージュへの遷都などを機に,1420年代から芸術的活動は急速に衰退する。ドイツ,イタリアでは1450年代まで国際ゴシック様式の作例がみとめられるとはいえ,1420年代になると,イタリアでのマサッチョ,ネーデルラントでのファン・アイクの作品に示されるように,絵画表現から国際ゴシック様式の童話的幻想性は払拭され,その世界は量感と質感をもっていっそうの迫真性を加えて表現され,新たな時代の到来がみとめられる。【冨永 良子】。…

【フィレンツェ派】より

…彫刻家ドナテロは,古典的均衡を示す人体と,ゴシック的な強烈な感情表現との両極端の間を揺れ動きつつ,人間の精神と肉体の真実の描出に到達した。画家マサッチョは,空間表現と人体の量感の描出,さらに人間感情の表出という初期ルネサンス絵画の目標を一挙に達成した。15世紀半ば以降のフィレンツェの彫刻・絵画は,前半の雄勁な様式,人間性表現の理想から,繊細な線描様式による詩的情緒の表現や装飾性,あるいは細部写実に向かった。…

※「マサッチョ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マサッチョの関連キーワードリッピ(Filippino Lippi(1457ころ―1504))リッピ(Fra Filippo Lippi(1406―69))サンタ・マリア・ノベッラ聖堂サンタマリアデルカルミネ教会マゾリーノ・ダ・パニカーレマソリーノ・ダ・パニカーレサンタマリアノベッラ聖堂ルネサンス美術カスターニョ岡崎乾二郎イタリア史ウッチェロ生年月日リッピモナコ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android