コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクスアウレリウス Marcus Aurelius Antoninus

大辞林 第三版の解説

マルクスアウレリウス【Marcus Aurelius Antoninus】

121~180) 古代ローマ皇帝(在位161~180)。五賢帝の一人。寛大な統治政策を行なったが、異民族の侵入・ペストの流行に苦慮。ストア哲学に傾倒し「自省録」を著した。哲人皇帝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マルクスアウレリウスの関連キーワードマルクス・アウレリウス騎馬像アウィディウス・カッシウスアウィディウス・カッシウスエピキュリアンマリウスアントニヌス・ピウスガッタメラータ騎馬像キリスト教起源史カンピドリオ広場カストラ・レギナヘロディアヌスアスペンドゥスファウスティナアントニヌス朝エイレナイオスマルコマンニ族クラウディウスアポリナリウスペルティナクスポリュアイノスペルチナクス

マルクスアウレリウスの関連情報