コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクスアウレリウス Marcus Aurelius Antoninus

大辞林 第三版の解説

マルクスアウレリウス【Marcus Aurelius Antoninus】

121~180) 古代ローマ皇帝(在位161~180)。五賢帝の一人。寛大な統治政策を行なったが、異民族の侵入・ペストの流行に苦慮。ストア哲学に傾倒し「自省録」を著した。哲人皇帝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マルクスアウレリウスの関連キーワードマルクス・アウレリウス騎馬像アウィディウス・カッシウスアウィディウス・カッシウスエピキュリアンマリウスガッタメラータ騎馬像アントニヌス・ピウスカンピドリオ広場カストラ・レギナマルコマンニ族ペルティナクスクラウディウスアントニヌス朝ヘロディアヌスエイレナイオスアポリナリウスファウスティナアスペンドゥスポリュアイノススカエウォラエピクテトス

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルクスアウレリウスの関連情報