コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマドアブドゥフ Muḥammad ‘Abduh

デジタル大辞泉の解説

ムハンマド‐アブドゥフ(Muḥammad ‘Abduh)

[1849~1905]近代エジプトのイスラム改革思想家。アフガーニーの感化を受け民族主義運動に参加。合理主義的立場からイスラム改革に努力した。特にアズハル大学の機構・教育改革に貢献。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ムハンマドアブドゥフの関連キーワード日露戦争史(年表)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)クールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ビッテスロバキア文学戒厳光の科学史

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android