ヤズド(英語表記)Yazd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤズド
Yazd

イラン中部,ヤズド州州都イスファハンの南東 260km,標高約 1200mの荒れた砂地の高原に位置する。気候は砂漠気候で,市内には導水施設のカナートが巡らされている。5世紀以来の歴史をもち,マルコ・ポーロに「高貴な都市」と形容された町並みが特徴で,城壁に囲まれた市街地には重要なモスクや霊廟が立ち並ぶ。イランで最も高い 2本のミナレットをもつマスジデ・ジャーミ(「金曜モスク」の意)はファイアンス(彩色陶器)のモザイクで飾られ,その他の建物にもスタッコで仕上げた浮彫や彩色が施されている。2017年国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界遺産の文化遺産に登録された。ササン朝以来,華麗な絹織物の製造で知られる。近郊でアーモンドや穀物が栽培される。住民の一部はゾロアスター教徒。ケルマーンコム,イスファハン,テヘランと鉄道,幹線道路で結ばれている。人口 48万6152(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヤズド(Yazd)

イラン中部の都市。ヤズド州の州都。カビール砂漠の南、ルート砂漠の西に接する乾燥地帯に位置する。ゾロアスター教中心地として知られ、1500年以上聖火を灯し続けているという拝火神殿や、風葬鳥葬が行われた沈黙の塔がある。絹織物・絨毯(じゅうたん)などの繊維産業が盛ん。2017年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ヤズド【Yazd】

イラン中央部カビール砂漠の南,シール山(4078m)の山麓に位置する都市。人口30万6000(1994)。砂漠からの砂嵐がたびたび吹く。年間降雨量は60mmと少なく,土地に塩分が多いため農産物の収穫は低い。じゅうたん,絹織物業が盛ん。14~15世紀がこの都市の〈黄金時代〉であったが,アフガン族の侵入(18世紀前半)で繁栄も失われた。市の北西部に主モスク(14世紀建設)がある。約6000人といわれるゾロアスター教徒が住み,郊外には風葬・鳥葬のための〈沈黙の塔〉がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤズド
やずど
Yazd

イラン中部、ヤズド州の州都。人口32万6776(1996)。カビール砂漠の南の乾燥地にあり、春・夏は熱風と砂塵(さじん)に覆われ、冬は寒い。綿・絹織物が主産業。イランのゾロアスター教の中心地で、約6000人の教徒が住む。風葬、鳥葬が行われた「沈黙の塔」が残っている。[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤズドの関連情報