ヤードポンド法(読み)ヤードポンドホウ

大辞林 第三版の解説

ヤードポンドほう【ヤードポンド法】

長さの単位にヤード、質量の単位にポンド、体積の単位にガロンを、時間の単位に秒、温度の単位に華氏温度を用いる単位系。ガロンは英米で異なり、1英ガロンは1.20095米ガロン。主にイギリス・アメリカなど英語圏諸国で用いられている。 → メートル法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヤードポンド‐ほう ‥ハフ【ヤードポンド法】

〘名〙 (ヤードポンドはyard-pound) 基本単位として長さにはヤード、質量にはポンド、時間には秒を使用する非十進法の単位系。温度が加わる場合には華氏温度が用いられる。主にイギリス、アメリカで採用されている。フート‐ポンド法とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android