コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユンタ

2件 の用語解説(ユンタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ユンタ

沖縄県八重山列島の歌謡。与那国島ではドゥンタと呼ぶ。農作業など日常生活の場で,無伴奏で広く歌われた。男女の集団に分かれて,1句ずつ交互に代わりながら歌い,対句を重ねながら,前半をゆっくりと,後半は軽快なテンポで歌うことが多い。
→関連項目節歌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユンタ
ゆんた

沖縄県八重山(やえやま)列島に伝わる古代歌謡。鹿児島県奄美(あまみ)諸島以南の南島には口承歌謡が多いが、ユンタはその一形態である。ユンタは豊年祭や新築祝いなど、祭りや祝儀の場でも謡われるが、日常の作業労働の場で謡われることのほうが多い。集団で謡われるのが普通で、対語・対句を連ねて事柄を述べる、南島に伝わる叙事的歌謡の代表的なものである。ユンタの周辺にあるアヨー、ジラバなどとよばれる歌謡に比べると、主題が多彩で歌数も多く、それだけ人々の生活に深くつながっていることを思わせる。農耕、家造り、造船、航海、布織りと貢納などの作業を叙述するばかりでなく、労働の苦しみや恋の喜びなどまでが取り込められている。ユンタの語源は「誦(よ)み歌」からの転訛(てんか)説が有力であるが、そうであれば、本来、神にかかわりの深い聖なる歌であったものが、神の呪縛(じゅばく)を離れて人々の生活を包み込む作業労働歌として育っていったものと思われる。[外間守善]
『外間守善・宮良安彦編『南島歌謡大成 八重山篇』(1979・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユンタの関連情報