コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユンタ

2件 の用語解説(ユンタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ユンタ

沖縄県八重山列島の歌謡。与那国島ではドゥンタと呼ぶ。農作業など日常生活の場で,無伴奏で広く歌われた。男女の集団に分かれて,1句ずつ交互に代わりながら歌い,対句を重ねながら,前半をゆっくりと,後半は軽快なテンポで歌うことが多い。
→関連項目節歌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユンタ
ゆんた

沖縄県八重山(やえやま)列島に伝わる古代歌謡。鹿児島県奄美(あまみ)諸島以南の南島には口承歌謡が多いが、ユンタはその一形態である。ユンタは豊年祭や新築祝いなど、祭りや祝儀の場でも謡われるが、日常の作業労働の場で謡われることのほうが多い。集団で謡われるのが普通で、対語・対句を連ねて事柄を述べる、南島に伝わる叙事的歌謡の代表的なものである。ユンタの周辺にあるアヨー、ジラバなどとよばれる歌謡に比べると、主題が多彩で歌数も多く、それだけ人々の生活に深くつながっていることを思わせる。農耕、家造り、造船、航海、布織りと貢納などの作業を叙述するばかりでなく、労働の苦しみや恋の喜びなどまでが取り込められている。ユンタの語源は「誦(よ)み歌」からの転訛(てんか)説が有力であるが、そうであれば、本来、神にかかわりの深い聖なる歌であったものが、神の呪縛(じゅばく)を離れて人々の生活を包み込む作業労働歌として育っていったものと思われる。[外間守善]
『外間守善・宮良安彦編『南島歌謡大成 八重山篇』(1979・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユンタの関連キーワード安里屋ユンタ西表島先島諸島波照間島八重山諸島与那国島祝女八重山上布大舛松市与那覇しづ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユンタの関連情報