ヨウ素(ヨード)(読み)ようそよーど

食の医学館の解説

ようそよーど【ヨウ素(ヨード)】

甲状腺ホルモンの材料となって発育やエネルギー産生を促進します。精神を活発にする作用もあります。不足すると甲状腺腫甲状腺機能低下症低血圧倦怠感(けんたいかん)、発育不全をまねきます。コンブ、ワカメ、焼きノリ、イワシ、サバ、カツオ、ブリなどに多く含まれています。成人1日あたりの推奨量は男女ともに130μg、上限は3000μgです。

出典 小学館食の医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android