コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバイバル revival

翻訳|revival

デジタル大辞泉の解説

リバイバル(revival)

[名](スル)
一度すたれたものが、見直され、再びもてはやされること。再評価。「60年代のヒット曲がリバイバルする」「リバイバル映画」「リバイバルブーム」
キリスト教で、信仰の原点に立ち返ろうとする運動。18世紀英国のJ=ウェスリーによるメソジスト運動、1870~1890年代のD=ムーディによる全米的大衆伝道などの例がある。信仰復興。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

リバイバル【revival】

( 名 ) スル
〔再生・復興・復活の意〕
古い映画・演劇などが、再上映・再上演されること。 「 -映画」 「 --ソング」
昔のものが再評価され、もてはやされること。
キリスト教で、信仰の原点へ戻る運動。信仰が新たに活発化する現象。信仰覚醒運動。信仰復興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバイバル
りばいばる
Revival of ReligionRevivalism

宗教学上、広義には宗派における熱気を伴う信仰復興の意。狭義には、プロテスタントにおける、大ぜいの人々を一か所に集めて説教を行い、聴衆をその場で深い回心にまで導こうとする福音(ふくいん)主義運動のこと。説教者のメッセージは悔い改めと神の恵みを求めて叫ぶ比較的簡単なもので、大衆はある種の高揚状態のなかでそれに答えるように回心する。説教の方法はさまざまであるが、アメリカ西部でのキャンプ・ミーティングの場合のように、熱狂的、暴力的なものになることも少なくなかった。その影響はとくにアメリカで大きく、メソジスト、バプテストの発展を促す一方、伝統的カルビニズムが後退する一因ともなった。アメリカ中を巡回したホイットフィールド、大都市での福音運動を成功させたフィネー、ビジネスの方法や聖歌隊を導入したムーディ、ラジオやテレビなどのマスコミを組織的に利用したビリー・グラハムなどが、その代表的指導者として有名である。[野村文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リバイバルの関連キーワードエドワーズ(Jonathan Edwards)ムーディ(Dwight L. Moody)OH MY LITTLE GIRLロカビリー[rockabilly]バッド・ムーン・ライジングアット・ディス・モーメントダウン・オン・ザ・コーナーサマータイム・ブルースBE TOGETHERたとえばぼくが死んだらフォーク[folk]スタンド・バイ・ミーレトロ・ファッショントラヴェリン・バンドワンダフル・ワールドイエスの聖心大聖堂デービッド ルボー悲しみは雪のようにリバーサイドホテルオープン・アームズ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リバイバルの関連情報