コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイシ(霊芝) レイシ

2件 の用語解説(レイシ(霊芝)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイシ(霊芝)
レイシ

「マンネンタケ (万年茸)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

れいし【レイシ(霊芝)】

レイシはサルノコシカケ科のキノコで、和名はマンネンタケです。ウメなどの古木10万本中に数本しか採取できないという稀少品で、古来より「仙薬」「神薬」とされ重用されました。人工栽培に成功したのは日本で、現在は子実体から未成熟な菌糸体までの各段階で有効成分を抽出するまでになっています。
〈血行を改善し、効果は全身におよぶ〉
○栄養成分としての働き
 レイシ主成分アミノ酸ステロールアルカロイドのほか、がん抑制効果のある多糖類のβ(ベータ)グルカン、ガノデランA・B、レイシ酸など約30種類の特有成分も含まれています。しかし、その薬効については十分に解明されていないものが多くあります。
○漢方的な働き
 漢方では、レイシはとどこおった古い血を除き、血栓(けっせん)を駆除する働きがあると考え、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)の予防に有効としています。また免疫力を高め、病気を改善・予防するので、血圧の正常化、動脈硬化や高脂血症(こうしけっしょう)の予防と改善、がん予防に役立つと考えられています。アメリカの研究では鎮痛作用と抗炎症作用があり、関節炎の痛みを抑えると報告されています。また最近発表された研究で、動物実験の結果、レイシには脳内の神経伝達物質を増加させる働きがあることが判明し、学習や記憶力の改善に効果が期待されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

レイシ(霊芝)の関連キーワード瓦茸猿の腰掛猪苓茯苓鱒茸松塊雷丸針茸カワラタケシメジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone