コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシントン会議 ワシントンかいぎWashington Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシントン会議
ワシントンかいぎ
Washington Conference

1921年 11月から翌 22年2月までワシントン D.C.で開かれた,海軍軍備制限および太平洋・極東問題に関する国際会議。この結果,極東を主要な舞台とするワシントン体制といわれる国際政治体制が樹立した。第1には日英同盟の解消をもたらした日本,イギリス,アメリカ,フランス間の4ヵ国条約が成立し,太平洋地域に領有する島嶼に関連して上記4ヵ国の相互の権利尊重,紛争発生の場合の協議を規定した (1921.12.13.調印) 。次いで 22年2月には日本,イギリス,アメリカ,フランス,イタリア5ヵ国の海軍力を一定保有量に制限したワシントン海軍軍備制限条約が結ばれ,最後に中国の独立,領土保全,門戸開放,機会均等を定めた,上記5ヵ国に,中国,ベルギー,オランダ,ポルトガルを加えた9ヵ国条約が結ばれた。ワシントン会議は軍事的には,海軍軍拡競争にストップをかけ,太平洋の緊張を緩和したかにみえたが,外交的には,日英同盟が葬り去られ,また日本の大陸における特殊利益を認めた石井=ランシング協定が廃棄されることになった。ことに,日本がパリ講和会議で獲得に成功した山東条項を列国監視のもとに放棄することを余儀なくされたことは,列国が二十一ヵ条要求をめぐる第1次世界大戦時の日本帝国主義の総決算をさせたものであって,日本の大陸進出を抑制し,列国とともに対中協調路線に沿わせようとしたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワシントン‐かいぎ〔‐クワイギ〕【ワシントン会議】

1921年11月から翌年2月にかけて、ワシントンで開かれた国際会議。アメリカ大統領ハーディング提唱により、アメリカ・イギリス・日本・フランス・イタリア・ポルトガル・ベルギー・オランダ・中国が参加。海軍の主力艦を制限する五か国条約、中国に関する九か国条約、太平洋問題に関する四か国条約が成立し、日英同盟は廃棄された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワシントン会議【ワシントンかいぎ】

1921年―1922年ワシントンで開かれた国際会議。日,米,英,仏,伊の5大国と中国,オランダ,ベルギー,ポルトガルの計9ヵ国が参加。5大国間で締結された海軍軍縮条約では,10年間主力艦建造を停止し,保有主力艦の総トン数比率を米・英5,日3,仏・伊1.75と定め,補助艦艇についても若干の制限を加え,太平洋地域の要塞(ようさい)施設の現状維持が約された。
→関連項目海軍加藤友三郎加藤友三郎内閣加藤寛治膠州湾ジュネーブ会議戦艦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ワシントンかいぎ【ワシントン会議】

1921(大正10)~22年、アメリカの主唱により第一次大戦後の太平洋・極東問題、海軍軍縮問題に関して開かれた国際会議。米・英・日・仏・伊・オランダ・ベルギー・ポルトガル・中国が参加。九か国条約・四か国条約・海軍軍縮条約が成立し、アジアにおける列強の勢力関係(ワシントン体制)が定まった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワシントン会議
わしんとんかいぎ

アメリカ大統領ハーディングの提唱により、1921年11月から翌年2月までワシントンで開かれた国際会議。アメリカ、イギリス、日本、フランス、イタリアの五大国のほか、オランダ、ベルギー、ポルトガル、中国の四か国代表が参加し、軍縮および太平洋・極東問題を討議した。その結果、海軍軍縮に関する五か国条約が成立したほか、太平洋に関する四か国条約、中国に関する九か国条約など7条約、12決議が成立した。
 五か国条約では、アメリカ、イギリス、日本、フランス、イタリアの五大国間で主力艦総トン数の比率をそれぞれ5、5、3、1.75、1.75とすることに合意をみた。四か国条約では、アメリカ、イギリス、フランス、日本間で太平洋の諸島嶼(とうしょ)に関して現状維持が合意され、この条約の成立に伴い、長年結ばれてきた日英同盟が廃棄されることとなった。九か国条約では、従来からのアメリカの中国政策の柱であった「門戸開放・機会均等」の主張が、この条約で成文化され、国際的に承認された。このため、これとなじまない日本の中国における特殊権益を認めた石井‐ランシング協定は廃棄され、また日本は21か条要求の一部を撤回し、山東省における権益を返還することとなった。この会議において、アメリカは中国の国権回収運動の擁護者の形で終始主導権を握り、台頭する日本の行動を抑制することに成功した。これによりアメリカは、第一次世界大戦後の極東、太平洋地域における列国の勢力関係を画定し、いわゆる「ワシントン体制」を築いた。[宇佐美滋]
『松葉秀文著『米国の中国政策(1844~1949)』(1969・有信堂高文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のワシントン会議の言及

【ワシントン体制】より

…第1次世界大戦後,西方におけるベルサイユ体制と対応し,東アジア・太平洋地域に樹立された国際秩序。ワシントン会議(1921年11月~22年2月)で成立した諸条約・決議を基礎としたのでこの名がある。
[背景]
 第1次大戦は東アジア国際関係に大きな変化をもたらし,とくに日本の大陸進出は著しかった。…

※「ワシントン会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワシントン会議の関連キーワード四か国条約(しかこくじょうやく)埴原正直(はにはら・まさなお)ウォーレンGハーディングG.B. ナヴリツカヤブラック・チェンバールネ ビビアーニ海軍軍縮問題山東還付問題極東民族大会四ヵ国条約野村吉三郎九箇国条約坂井 大輔幣原喜重郎四箇国条約九ヵ国条約ジョーダン佐分利貞夫埴原正直立作太郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワシントン会議の関連情報