コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレンシュタイン Wallenstein, Albrecht Wenzel Eusebius von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレンシュタイン
Wallenstein, Albrecht Wenzel Eusebius von

[生]1583.9.24. ボヘミア,ヘジュマニツェ
[没]1634.2.25. ボヘミア,ヘバ
ボヘミアの軍人。ボヘミア名ワルトシュテイン Valdšteina。ボヘミアのルター派小貴族の出身。のちカトリックに改宗。三十年戦争の発端となったボヘミアの反乱の鎮圧に武将として活躍。早世した妻の遺産や,功によって神聖ローマ皇帝フェルディナント2世から与えられた鋳貨特権を活用して,没収されたボヘミア新教貴族の所領を買い集め,ボヘミア東北部に大領地を建設。 1623年フリートラント侯として帝国諸侯身分を得た。 25年自己資本で徴募し,みずから統率する大傭兵軍を皇帝に提供,これ以後,J.ティリーとともに三十年戦争における皇帝・旧教軍の最も有力な将軍として活躍した。その政治的野心を恐れるバイエルン公らの策動で,30年にいったん罷免されたが,スウェーデン王グスタフ2世 (グスタフ・アドルフ) の参戦によって再び起用され,リュッツェンの戦いでスウェーデン軍に敗れたが,グスタフ2世を陣没させた。その後,独自に新教諸侯側との和平交渉を進めるなど,専断的な行動が目立ったので,皇帝の刺客の手で暗殺された。企業家的精神と軍事的才幹が結びついたまれにみる大傭兵隊長で,彼の実施した軍税は,三十年戦争ののち,ブランデンブルクなどの絶対主義的君主の新しい租税制度のモデルとなった。またシラーによって傭兵隊長の典型として描かれ,著名となった。

ワレンシュタイン
Wallenstein

ドイツの劇作家,詩人シラーの悲劇。『ワレンシュタインの陣営』 Wallensteins Lager (1798) ,『ピッコロミーニ父子』 Die Piccolomini (99) ,『ワレンシュタインの死』 Wallensteins Tod (99) から成る3部作。この劇の背景にはシラーが大学で講義するかたわら研究した『三十年戦争史』 Geschichte des dreissigjährigen Krieges (91~93) の成果がみられ,三十年戦争に活躍した武将ワレンシュタインの運命を描いている。古代ギリシアの運命劇とシェークスピア史劇,さらに近代ゲルマンの性格劇に基づいて,壮大なドイツ悲劇の創造に成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワレンシュタイン(Albrecht Wenzel Eusebius von Wallenstein)

[1583~1634]オーストリアの傭兵隊長。三十年戦争に際し、神聖ローマ皇帝軍総司令官に起用され、デンマーク軍を撃破したが、のち、スウェーデン軍に敗北。皇帝の意に反して和議を進めたため罷免され、暗殺された。
シラー戯曲の生涯を描いた壮大な歴史悲劇。第1部「ワレンシュタインの陣営」(1798年初演、1幕)、第2部「ピコローミニ父子」(1799年初演、5幕)、第3部「ワレンシュタインの死」(1799年初演、5幕)の全11幕からなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワレンシュタイン

ボヘミアの傭兵(ようへい)隊長。三十年戦争で神聖ローマ皇帝フェルディナント2世をたすけてボヘミアの反乱を鎮圧,デンマーク軍を破るなどの大功をたてたが,リュツェンの戦でスウェーデン王グスタフ2世(グスタフ・アドルフ)に敗れた。

ワレンシュタイン

シラーの戯曲三部作。《ワレンシュタインの陣営》(1798年初演),《ピッコローミニ父子》(1799年同),《ワレンシュタインの死》(1799年同)の3部からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワレンシュタイン【Albrecht von Wallenstein】

1583‐1634
三十年戦争時代のドイツの将軍。1625年神聖ローマ皇帝軍総司令官に任命され,新教派軍撃破の原動力として活躍したが,旧教派諸侯の圧力によって30年罷免された。スウェーデン王グスタフ・アドルフ(グスタフ2世)のドイツ侵入とともに再度起用されたが,32年リュッツェンLützenの戦でアドルフを戦死させたが戦いには敗れ,以後ひそかに新教派と和平交渉を行ったため,皇帝の刺客によって暗殺された。ワレンシュタインの激動の生涯については,シラーの戯曲によって広く知られるところとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワレンシュタイン【Wallenstein】

○ 〔Albrecht Wenzel Eusebius von W.〕 (1583~1634) 神聖ローマ帝国の将軍。三十年戦争に皇帝軍総司令官として活躍したが、皇帝や諸侯の不信を招き暗殺された。
戯曲。シラー作。1798~99年刊。三部より成る。野心家のワレンシュタイン将軍の謀反と悲劇的な死を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のワレンシュタインの言及

【三十年戦争】より


[デンマーク戦争(1625‐29)]
 デンマーク王クリスティアン4世はこのドイツの内乱につけこみ,イギリス,オランダの援助の約束を得た上で,1625年北ドイツに侵入した。苦境に陥った皇帝にとってこのとき救世主の役割を果たしたのはワレンシュタインであった。彼は軍事指揮権をゆだねられることを条件に,自己の財力で軍隊を募集して皇帝のために戦うことを提案し,皇帝は彼を皇帝軍総司令官に任命した。…

【ヘプ】より

…13世紀に起源をもつフランチスカナ教会,15世紀のニコラウス教会や〈黒い塔〉のあるロマネスク式の城館,ゴシック,ルネサンス,バロック式の家々など,重要な歴史的建造物が多い。また三十年戦争当時の名将ワレンシュタインが暗殺(1634年2月)された所としても有名。【稲野 強】。…

※「ワレンシュタイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワレンシュタインの関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)マクシミリアン1世[バイエルン公]ワレンシュタイン(シラーの戯曲)フェルディナント(2世)フェルディナント[3世]フェルディナント(3世)フェルディナント[2世]ノルト・オストゼー運河マクシミリアン(大公)フェルディナント3世シュトラールズントバレンシュタインリューベック条約グスタフ[2世]レーブン(伯)ピッコロミニ家ドイツ古典主義マンスフェルトデーブリーンウィスマール

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android