コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ノ谷の戦 いちのたにのたたかい

百科事典マイペディアの解説

一ノ谷の戦【いちのたにのたたかい】

1184年2月,一ノ谷(神戸市須磨区)で行われた源平の戦い。勢力挽回(ばんかい)を図る平氏は摂津(せっつ)福原に進出したが,源義経鵯越(ひよどりごえ)の嶮(けん)を一ノ谷に攻め下り,平氏を海上に敗走させた。
→関連項目熊谷直実平敦盛平重衡平忠度平知盛平教経鵯越屋島の戦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちのたにのたたかい【一ノ谷の戦】

1184年(元暦1)2月7日,摂津国一ノ谷(現,神戸市須磨区)で起こった源平の合戦。前年7月,安徳天皇を擁して西海に走った平氏一門は,源頼朝・義仲の確執に乗じて勢力を挽回,このころには旧都福原に東進,東(生田森)・西(一ノ谷)に軍陣を構えて要害を固め,京都回復をめざすに至った。頼朝は義仲を倒すやただちに平氏追討の院宣を請い,弟範頼に大手を,同義経に搦手(からめて)を衝かせることにした。義経は2万騎を率いて丹波路を迂回,三草山から一ノ谷をうかがった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の一ノ谷の戦の言及

【鵯越】より

…しかし1184年(元暦1)2月,一ノ谷に陣を構えた平氏を討つため,この山上に出た源義経は,この断崖をシカが通るとの話を聞いて〈鹿の通程の道,馬の通わぬ事あるべからず〉と言い,ここを一気に駈け下って平氏の背後をつき,源氏軍を勝利に導いたという(《平家物語》)。一ノ谷の戦での〈鵯越の坂落し〉として有名な話である。【飯田 悠紀子】。…

※「一ノ谷の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一ノ谷の戦の関連キーワード岡部[町]大納言佐局屋島の戦い生島経菊丸岡部六弥太佐々木秀義熊谷[市]一谷嫩軍記三浦義連鎌田盛政本田次郎岡部忠澄藤原景綱平山季重監物頼方河越重頼河原盛直熊井忠基小宰相局平師盛

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android