コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上木 ジョウボク

3件 の用語解説(上木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぼく〔ジヤウ‐〕【上木】

[名](スル)書物を印刷するため版木に彫ること。また、書物を出版すること。上梓(じょうし)。
「篤胤(あつたね)先生の古史伝を伊那の有志が―しているように聞いていますが」〈藤村夜明け前

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うわき【上木】

庭園の植え込みで上層部の景観をなす樹木。
木材の接ぎ手や仕口しぐちにおいて上側におかれる方の材。

じょうぼく【上木】

( 名 ) スル
図書刊行のため、版木に彫ること。また、書物を出版すること。上梓じようし。 「遂に-したるものは解体新書なり/福翁百余話 諭吉
森林で上層の林冠をつくる高い樹木。 ↔ 下木かぼく

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上木の関連情報