下呂(市)(読み)げろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下呂(市)
げろ

岐阜県中東部にある市。2004年(平成16)益田(ました)郡萩原(はぎわら)町、小坂町(おさかちょう)、下呂町(げろちょう)、金山町(かなやまちょう)、馬瀬村(まぜむら)の5町村が合併、市制施行して成立。市域中央を飛騨(ひだ)川(益田川)が南流し、川沿いをJR高山本線、国道41号が通る。西部は馬瀬川が流れ、多目的ダムとして知られる岩屋ダム(いわやだむ)と人工湖の東仙峡金山(かなやま)湖がある。東部を長野県と接し、北東の県境には御嶽山(おんたけさん)がそびえる。国道256号、257号が通る。市域の約9割を山林が占め、河川に沿った平坦地に住宅や耕地がある。木材の産地であるほか、飛騨牛の生産で知られる。トマト、ホウレンソウなどの野菜栽培も盛ん。文化財では、萩原町上呂(じょうろ)の久津八幡宮(くづはちまんぐう)の本殿と拝殿、森地区にある合掌造の民家「旧大戸家住宅(おおどけじゅうたく)」(白川村から移築)などが国の重要文化財に指定されている。久津八幡宮の夫婦(めおと)スギ、萩原町中呂(ちゅうろ)の禅昌寺(ぜんしょうじ)の大スギ、竹原のシダレグリ自生地は国の天然記念物である。市域には温泉が多く、下呂温泉が有名である。ほかに、御嶽山腹の濁河温泉(にごりごおんせん)、山麓(さんろく)の湯屋温泉(ゆやおんせん)、下島温泉(したじまおんせん)の3温泉は国民保養温泉地(小坂温泉郷)に指定されている。馬瀬西村には南飛騨馬瀬川温泉(1990年掘削)もある。市域の一部は飛騨木曽川国定公園に含まれ、飛騨川下流には中山七里(なかやましちり)などの景勝地がある。面積851.21平方キロメートル、人口3万3585(2015)。[編集部]
『下呂町教育委員会・下呂町文化財審議会編『下呂町の文化財』(1988・下呂町教育委員会) ▽藤井健夫・三原幸久編『下呂の民俗』(1988・関西外国語大学) ▽下呂温泉観光協会編集委員会編『下呂温泉観光50年のあゆみ』(1997・下呂温泉観光協会) ▽『下呂温泉』(2004・JTBパブリッシング)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下呂(市)の関連情報