コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下呂[町] げろ

百科事典マイペディアの解説

下呂[町]【げろ】

岐阜県東部,益田(ました)郡の旧町。中部を南流する飛騨川河床に温泉(単純泉,33〜68℃)がわき,高山本線開通後急速に発展,東海地方の代表的な温泉町になっている。
→関連項目高山本線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げろ【下呂[町]】

岐阜県東部,益田(ました)郡の町。人口1万5438(1995)。飛驒川上流の益田川流域にある温泉町。益田川沿岸の段丘上にある下呂温泉(単純泉,33~68℃)は約1000年前に益田川の河床に泉源が発見されたと伝え,中世より飛驒街道の宿場町湯治場として発展,江戸時代には林羅山が有馬,草津とともに日本三名泉の一つにあげた。泉源が河原にあり,洪水で幾度か流出したが,大正末の掘削以来泉源が安定し,湯量も増加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下呂[町]の関連キーワード飛騨木曾川国定公園中山七里

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android