コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下部温泉(読み)しもべおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下部温泉
しもべおんせん

山梨県南西部,身延町にある温泉。富士川左岸の支流常葉川に注ぐ下部川に沿う。泉質は単純硫黄泉。泉温は 22~32℃。武田信玄の隠し湯として有名で,静寂な療養温泉地。外傷打撲火傷神経痛リウマチ特効があり,国民保養温泉地に指定されている。富士五湖方面の観光や身延山参詣の宿泊地でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しもべおんせん【下部温泉】

山梨県南西部、富士川支流の下部川の谷にある単純泉。武田信玄の隠し湯として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕下部温泉(しもべおんせん)


山梨県身延(みのぶ)町東部、天子(てんし)山地から流れる下部川沿いにわく国民保養温泉。武田信玄(たけだしんげん)の隠し湯の一つとされる。富士五湖巡りや身延山参詣(さんけい)の基地。JR身延線下部温泉駅近くにスポーツ公園の下部リバーサイドパークがある。ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩泉。泉温32.4℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下部温泉
しもべおんせん

山梨県南西部、身延(みのぶ)町にある温泉。下部川上流の湯川の渓谷にある温泉で「信玄のかくし湯」として知られ、国民保養温泉地となっている。泉質は単純温泉。打ち身、骨折に特効があるため、湯治客も多い。身延山、富士五湖観光の基地でもある。5月中旬、「信玄公かくし湯まつり」が行われる。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android