与那城(読み)よなしろ

  • 旧町名

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄県中頭(なかがみ)郡にあった旧町名(与那城町(ちょう))。現在はうるま市の東部を占める。1994年(平成6)に与那城(よなぐすく)村が名称を与那城(よなしろ)に変更し町制施行。2005年石川(いしかわ)市、具志川(ぐしかわ)市、勝連(かつれん)町と合併、うるま市となった。旧町域は、沖縄本島中部の東海岸に突出した与勝半島(よかつはんとう)北半部と藪地(やぶち)、平安座(へんざ)、宮城(みやぎ)、伊計(いけい)の各島からなる。平安座島と宮城島との間は1975年(昭和50)埋め立てられ、宮城―伊計島間は1982年に伊計大橋が架橋された。半島部は台地状の地形で、島嶼(とうしょ)部は石灰岩の低平な島。半島部と平安座島は全長4.75キロメートルの海中道路で連結、薮地島には藪地大橋が架けられている。第二次世界大戦前、山原船(やんばるせん)を利用した物資運搬に従事した人が多かった。1968年(昭和43)以来、平安座島に大規模な石油備蓄基地が建設。農業はサトウキビ、イグサ栽培が中心で、沿岸漁業も盛ん。[堂前亮平]
『新屋敷幸繁編『与那城村史』(1980・与那城村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与那城の関連情報