与野[市](読み)よの

百科事典マイペディアの解説

与野[市]【よの】

埼玉県南東部の旧市。1958年市制。東部と西部は台地で,中央の低地に鴻沼(こうぬま)用水が流れる。市街は,中世鎌倉街道の宿場町,近世は宿場町,市場町として発達。1912年東端に東北本線与野駅が開設されて,駅を中心に市街地化し,1985年埼京線が市域中央部を縦貫して更に宅地化が進んだ。自動車関連,一般機械などの工業が盛んで,商業でも自動車販売業が中心となっている。2001年5月浦和市,大宮市と合併してさいたま市となる。8.29km2。8万2939人(2000)。
→関連項目中央[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よの【与野[市]】

埼玉県南東部の市。1958年市制。人口8万1944(1995)。市域の大部分が大宮台地上に位置するが,中央部に高沼(こうぬま)の,西部に荒川の低地があり,全体として小起伏に富む。中心の与野本町は,中世に鎌倉街道の宿駅としておこり,江戸時代には中山道の脇往還の宿駅で,4・9の六斎市の立つ市場町でもあった。明治前期の東北本線,高崎線の開通までは,浦和宿や大宮宿をしのぐ隆盛をみたといわれ,今も往時を物語る家並みや商家が残る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる