丸亀(市)(読み)まるがめ

日本大百科全書(ニッポニカ)「丸亀(市)」の解説

丸亀(市)
まるがめ

香川県中北部、瀬戸内海備讃(びさん)瀬戸に臨む市。塩飽(しわく)諸島の本島(ほんじま)、牛(うし)島、広島、手(て)島を含む。1899年(明治32)市制施行。1917年(大正6)六郷(ろくごう)村、1951年(昭和26)南村、1954年川西(かわにし)、本島、土器(どき)、郡家(ぐんげ)の4村と、1955年飯野(いいの)村の大部分、1958年垂水(たるみ)、広島の2村を編入。2005年(平成17)綾歌町(あやうたちょう)、飯山町(はんざんちょう)を合併。JR予讃(よさん)線、高松琴平電気鉄道琴平線、国道11号が通じ、東隣の坂出(さかいで)市には瀬戸中央自動車道の坂出インターチェンジ、西隣の善通寺(ぜんつうじ)市には高松自動車道の善通寺インターチェンジがある。岡山県の水島港、下津井(しもつい)港へのフェリー便があったが、瀬戸大橋の開通に伴い、廃止された。現在は丸亀港―牛島―本島、丸亀港―さぬき広島―小手島(おてしま)―手島へのフェリーがある。また、本島からは岡山県の児島(こじま)港へ客船が通じる。市域の中心部は讃岐(さぬき)平野の一部丸亀平野を占め、土器川、金倉川の三角州上にのる。平野には灌漑(かんがい)用の溜池(ためいけ)が数多く分布する。また平野に飯野山(422メートル)や青ノ山(225メートル)の独立峰があるが、これらはビュートとよばれる侵食残丘である。

 安山岩の岩頸(がんけい)である亀山山頂の丸亀城は、1602年(慶長7)高松藩主生駒親正(いこまちかまさ)が西讃支配のため築いたもの。1641年(寛永18)山崎家治(いえはる)が丸亀藩主として入り、1658年(万治1)以降は京極氏の治下となり明治に至った。江戸時代、丸亀港は金毘羅(こんぴら)参りの船の発着でにぎわった。琴平(ことひら)へ通じる丸亀街道にはいまも石灯籠(どうろう)や道標が残っている。明治以後、歩兵連隊が置かれ、県の出先機関も多く、1889年には香川県最初の鉄道が丸亀―多度津(たどつ)―琴平間に通じた。

 江戸時代から日本一の生産を誇る団扇(うちわ)工業は現在でも全国の生産量の9割を占めており、「丸亀うちわ」は1997年に国の伝統的工芸品に指定された。1964年から地先海面を埋め立てて工業団地が造成され、造船、電機、化学などの工場が立地する。

 国指定史跡に丸亀城跡と塩飽勤番(きんばん)所跡、国指定重要文化財に丸亀城の天守、東光寺の薬師如来坐像(にょらいざぞう)、正覚院の木造観音(かんのん)坐像などがあり、塩飽本島町笠島(かさじま)地区の町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。塩飽諸島は瀬戸内海国立公園の一部。面積は111.78平方キロメートル、人口11万0010(2015)。

[坂口良昭]

『『新修丸亀市史』全5巻(1994~1996・丸亀市)』『『丸亀の文化財 第7版』(2000・丸亀市教育委員会)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android