コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付け/附け ツケ

デジタル大辞泉の解説

つけ【付け/附け】

[名]
支払い請求書。勘定書き。書きつけ。「会社に―を回す」
その場で支払わないで店の帳簿につけさせておき、あとでまとめて支払うこと。また、その支払い方法。「―で飲む」「―がきく」
運。つき。つごう。
「途中から―が悪(わり)いから」〈魯文西洋道中膝栗毛
(ふつう「ツケ」と書く)歌舞伎で、立ち回り・駆け足・打擲(ちょうちゃく)の音などを表現し、また見得(みえ)を印象づけるため、舞台上手の横で、役者の動作に合わせて板を拍子木に似た柝(き)で打つこと。また、その拍子。上方では「かげ」という。付け拍子。
付け帳」の略。
手紙。
「此中(こんぢう)―をよこした女(あま)よ」〈滑・浮世床・初〉
[接尾]動詞の連用形に付いて、いつもそうしている、…しなれている、などの意を表す。「掛かり―の医者

づけ【付け/附け】

[接尾]日にちを表す数詞に付いて、その日の発行・発令、または差し出しである意を表す。「四月一日―の発令」「五日―の書簡」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

づけ【付け】

〔動詞「付ける」の連用形から〕
名詞に付いて、それを付けること、それで付けることなどの意を表す。 「さん-で呼ぶ」 「糊-」
日付を示す数詞の下に付いて、その日付であることを表す。 「三日-の手紙」 「四月一日-で採用する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

付け/附けの関連キーワード引き付け下駄・引付け下駄チャイナペインティング付け立て帳・付立て帳ファイアプレースアタッチドカラー墨塗り祭・墨塗祭付けが回って来るはんだ付けの日アップルティー詰め袖・詰袖巻き軸・巻軸外付けHDD置き床・置床ソルダリングガーニッシュアームホール鉤竿・鈎竿ティペット隠しボタンファイル名