コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住ノ江 すみノえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住ノ江
すみノえ

佐賀県中南部,佐賀平野の南部,六角川河口にある港。白石町と対岸の小城市に同名の集落がある。大正年間までは六角川の水運を利用し,杵島炭鉱の石炭積出港として繁栄したが,その後貨車輸送への転換と石炭産業不況の影響で衰退。その後石油輸入港および漁港となった。 1955年住ノ江橋架設後,国道 444号線が通じ,往年の渡船は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住ノ江
すみのえ

佐賀県有明(ありあけ)海湾奥部、六角(ろっかく)川河口近くの地名。左岸の小城(おぎ)市芦刈(あしかり)町と、右岸の杵島(きしま)郡白石(しろいし)町の両方にある。住ノ江港で知られる。いまはノリ漁船でにぎわう漁港であるが、かつては杵島炭鉱などの石炭積出し港としてにぎわった。「住ノ江渡(わたし)」にかわって1955年(昭和30)住ノ江橋が完成し、有明海沿岸の幹線交通路(国道444号)となる。なお、住ノ江港付近では干満差(満潮と干潮のときの海面の高さの差)が日本最大で、平均5.4メートルに達する。[川崎 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住ノ江の関連キーワード住吉神社(北海道)芦刈(旧町名)福富(佐賀県)カキ(牡蠣)福富[町]芦刈[町]白石(町)永井 英修高取 伊好高取伊好海洋開発大町町有明海福富芦刈

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住ノ江の関連情報