佐世保(市)(読み)させぼ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐世保(市)
させぼ

長崎県大村湾北方、佐世保湾に臨む港湾都市。1902年(明治35)佐世保村が市制施行。1927年(昭和2)日宇(ひう)、佐世(させ)の2村、1938年相浦(あいのうら)町、1942年早岐(はいき)町と大野、中里(なかざと)、皆瀬(かいぜ)の3村、1954年柚木(ゆのき)、黒島の2村、1955年折尾瀬(おりおぜ)、江上(えがみ)、崎針尾(さきはりお)の3村、1958年宮(みや)村をそれぞれ編入した。2005年(平成17)世知原(せちばる)町、吉井(よしい)町を、2006年小佐々(こさざ)町、宇久(うく)町を、2010年江迎(えむかえ)町、鹿町(しかまち)町を編入。針尾島、黒島、高島なども市域に含まれる。面積426.47平方キロメートル、人口26万1101(2010)。交通はJR佐世保線、大村線、松浦鉄道が通じ、西九州自動車道、国道35号、202号、204号、205号、384号、498号などが走る。また、五島(ごとう)列島航路の基点、九十九(くじゅうく)島遊覧の基地でもある。[石井泰義]

自然

リアス式海岸の溺れ谷(おぼれだに)で、天然の良港をなすが、背後に烏帽子(えぼし)岳(568メートル)、弓張(ゆみはり)岳(364メートル)を控え、佐世保川、名切(なきり)川、相浦川が小河谷をなし、沖積地はきわめて狭小。低地の大半は、幕末に造成された播磨(はりま)新田、名切新田や塩田であった。市域の北西部は北松浦半島に切り込んだ江迎湾に面し、九十九島を望む。[石井泰義]

沿革・産業

集落は平戸(ひらど)藩に属する半農半漁村をなしていたが、1886年(明治19)第三海軍区鎮守府(ちんじゅふ)の設置、続いて1889年佐世保鎮守府の開庁とともに急激に都市化が進み、村から一躍して市制を施行した。市街地の主要部は江戸末期の干拓地に立地し、軍や港湾の施設は主として、かつての塩田の埋築によって建設された。1898年佐世保線が開通し、市街地は佐世保駅付近まで南下した。1916年(大正5)立神繋船池(たてがみけいせんち)(縦360メートル、横575メートル、水深10メートル)や埠頭(ふとう)の完成で、佐世保港は東洋一の港湾施設を備えた軍港となり、1944年(昭和19)には市の人口は29万を数えた。第二次世界大戦後は佐世保港が海外からの引揚者の受け入れ港となったが、鎮守府の解体で人口は半減した。そのため平和産業としての工業、貿易、漁業基地の都市へと脱皮を図ったが、1950年の朝鮮戦争でアメリカ軍基地は強化され、さらに自衛隊基地となり、ふたたび軍事的色彩を帯びるようになった。市の経済は、朝鮮戦争期の特需に支えられて再生し、旧海軍工廠(こうしょう)は佐世保重工業(SSK)に受け継がれ、現在も市の産業の主軸をなしている。六つのドックで合計100万トンに及ぶタンカーなど大量の造船実績を示した。一時、造船不況にみまわれたが再起し、1997年度(平成9)の実績でも、バルク船(貨物船)中心に18隻、84万6000重量トンをあげた。佐世保港の心臓部をなす立神繋船池は、1万トン級の船舶10隻を同時に横づけでき、岸壁には250トン・クレーンのほか4基の起重機を有するが、アメリカ軍の使用が主となっている。港湾は、アメリカ軍への提供水域が多く自由水域が少ないため、民間利用の岸壁は万津(よろづ)、塩浜(しおはま)の佐世保駅裏岸壁および干尽(ひづくし)、鯨瀬(くじらせ)、前畑(まえはた)、尼潟(あまがた)の岸壁で、いずれも佐世保湾の東岸に限られ、駅裏岸壁には、魚市場や倉庫が付設され、市営桟橋は離島航路のターミナルをなしている。前畑岸壁は外国貿易のほか内国貿易も行い、尼潟岸壁は主として木材を取り扱う。また、干尽の旧防衛隊跡には海上自衛隊が置かれている。また、アメリカ原子力潜水艦や、原子力空母エンタープライズの入港(1968)や、原子力船「むつ」の修理入港(1978)をめぐって全国の注目を浴びた所でもある。
 市街地の発展は、鎮守府の置かれた当初、元(もと)町、相生(あいおい)町、天満(てんま)町、松浦町一帯だけに民間人の建築が許可されたので、この一帯に店舗が発生した。当初の住宅地では、弓張岳東麓(とうろく)の日当りのよい高燥な斜面の大久保町から石坂町に将校住宅、祇園(ぎおん)町から光月(こうげつ)町の丘陵地に下士官住宅、海軍工廠近くの金比良(こんぴら)町から今福(いまぶく)町に工員住宅を指定、階級による住宅地の分化が発生していた。市の発展とともに、市街地の中心は元町地区から浜田地区へ、さらに下京(しもきょう)、上京、本島(もとしま)、島瀬(しまのせ)の四ヶ町(よんかちょう)へと海岸に向かって移動している。四ヶ町に隣接する常盤(ときわ)町、湊(みなと)町は、朝鮮戦争が起こった1950年ごろにはバーやキャバレーが多く、基地の街の様相を呈した。戦後の復興は、工業の発展、人口の増加に端的に現れ、工場や住宅地が郊外へ団地型式で南北両方向に拡張している。南の方向では沖新(おきしん)工業団地、十郎原(じゅうろうばる)住宅団地があり、さらに早岐地区には大塔(だいとう)工業団地、広田工業団地、花高(はなたか)住宅団地がある。北の方向では、石炭積出し港の機能を失った相浦地区の真申(まさる)に火力発電所のほか真申工業団地がある。炭鉱を閉山した柚木地区には住宅団地が形成され、三川内(みかわち)地区は古くからの伝統的陶磁器の産地である。炭坑が閉山されてからの鹿町地区などでは鉱業にかわる農水産業が伸び、ミカン園の増大と真珠養殖、ハマチ・タイの養殖やワカメなどの浅海養殖が進展している。[石井泰義]

観光・文化

西海(さいかい)国立公園に含まれる烏帽子岳や弓張岳や港外に展開する南九十九島の多島海は代表的景勝地。ほかに針尾瀬戸に架けられた西海橋や西方海上に浮かぶキリシタンの島黒島がある。市街地には東山公園(旧海軍墓地)、空海が建立したと伝える清岩(せいがん)寺(福石観音)がある。1992年(平成4)針尾島に日本有数のテーマパークのハウステンボスが開業。相浦川左岸の丘陵斜面にある縄文草創期の洞窟住居跡の泉福寺洞窟は国史跡。文化施設には、石岳中腹の亜熱帯動植物園、旧海軍の歴史資料を展示する海上自衛隊佐世保史料館がある。江迎地区には潜竜(せんりゅう)ヶ滝や高岩の景勝地がある。北西部の目暗(めくら)ヶ原は九十九島、平戸島への眺望絶佳の地で、褥崎(しとねざき)は1868年(明治1)五島(ごとう)崩れで五島から逃れた人たちのキリシタン集落である。大野台支石墓群は国指定史跡。また木場浮立(こばふりゅう)は県指定無形民俗文化財であり、「佐世保おくんち」も有名。[石井泰義]
『『佐世保市史 第1~第5巻』(1953~1957・佐世保市) ▽『佐世保のあゆみ』(1968・佐世保市郷土研究所) ▽吉富一著『佐世保及近郊地形誌』(1965・隆文社) ▽『佐世保郷土誌――歴史編』(1964・佐世保市教育研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐世保(市)の関連情報