コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐土原[町] さどわら

百科事典マイペディアの解説

佐土原[町]【さどわら】

宮崎県中部,宮崎郡の旧町。日豊(にっぽう)本線が通じ,宮崎市に隣接。一ッ瀬川下流右岸の中心市街は佐土原藩島津氏の旧城下町米作,畜産を行うほか,野菜栽培が盛ん。
→関連項目国富荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さどわら【佐土原[町]】

宮崎県中部,宮崎郡の町。人口3万1827(1995)。宮崎平野中部,日向灘に注ぐ一ッ瀬川下流南岸に位置し,南は宮崎市,西は西都市に接する。江戸時代は佐土原藩島津氏2万7000石の城下町として発展した。海岸部が町の中心地で,日豊本線,国道10号線が南北に貫通する。中央部と西部は丘陵性の台地である。温暖な気候を利用した野菜の促成栽培が盛んで,米作,畜産,養鰻などが行われる。1962年低開発地域工業開発地区に指定後,電気・自動車部品などの工場が進出し,宮崎市のベッドタウンとして宅地開発も進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android