コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大光寺 だいこうじ

百科事典マイペディアの解説

大光寺【だいこうじ】

宮崎県宮崎市にある臨済宗妙心寺派の寺。本尊十一面観音。1335年日向(ひゅうが)国伊東氏の一族田島祐聡が京都東福寺の岳翁長甫(がくおうちょうほ)を招いて氏寺として創建という。貞和(じょうわ)年間(1345年―1350年)伽藍・諸像などが造立された。江戸期に東福寺末を離れて京都妙心寺末になった。乾峰士曇(けんほうしどん)(開山岳翁の師)墨跡の《大光寺開堂祝偈》など6件,貞和4年の胎内銘がある騎獅文殊菩薩および脇侍像4体は重要文化財。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の大光寺の言及

【佐土原[町]】より

…1962年低開発地域工業開発地区に指定後,電気・自動車部品などの工場が進出し,宮崎市のベッドタウンとして宅地開発も進んでいる。重要文化財の騎獅文珠菩薩像を有する大光寺や巨田(こた)神社,日講庵跡,フェニックス自然動物園がある。名産に朝鮮から伝わったという佐土原人形がある。…

※「大光寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大光寺の関連キーワード青森県平川市大光寺三村井宮崎県宮崎市鳴海 助一飯沼 竜遠柴田[町]柴田(町)浅瀬石城住 栄作通幻寂霊天徳曇貞古月禅材観雲慈音吾妻古墳東嶺円慈浪岡其永兼平綱則日庵曇光曾我惟重大光寺城鳳誉霊瑞

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大光寺の関連情報