コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 タワラ

13件 の用語解説(俵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たわら〔たはら〕【俵】

わらや、かやなどを編んで作った袋。穀類・芋類・木炭などを入れるのに用いる。
ナマコの別名。
[補説]歴史的仮名遣いを「たわら」とする説もある。

たわら【俵】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「俵」姓の人物
俵国一(たわらくにいち)
俵藤太(たわらとうた)

ひょう〔ヘウ〕【俵】

[名]たわら。
「何しろ四十三銭って―だもの」〈真山・南小泉村〉
[接尾]助数詞。たわらに入ったものを数えるのに用いる。上に来る語によっては「びょう」「ぴょう」となる。「米七」「炭五

ひょう【俵】[漢字項目]

[音]ヒョウ(ヘウ)(呉)(漢) [訓]たわら
学習漢字]5年
〈ヒョウ〉たわら。「土俵
〈たわら(だわら)〉「米俵炭俵徳俵
[補説]原義は、分ける、分け与える意。

びょう〔ベウ〕【俵】

[接尾]ひょう(俵)」に同じ。「三の米」

ぴょう〔ペウ〕【俵】

[接尾]ひょう(俵)」に同じ。「米一

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たわら【俵】

わらで編んだ貯蔵,運搬用の袋で穀物のほか,芋,塩,木炭,水産物などを入れるのに用いた。俵は農閑期夜なべ仕事に作られたが,近年では紙袋などに替えられ見かけることも少なくなった。俵のなかでも,米俵が発達し,近世には収穫1石に対する年貢によって俵の大きさが定まっており,4斗入りや4斗5升入りの俵が多く用いられた。また,この米俵をかつぐことが一人前の基準ともなり,力石のなかには俵石と称するものもある。米俵は長い間,富の象徴とされ,小正月には予祝のために米俵を模した飾物が作られたほか,子供たちや福俵とよばれる芸人が各戸を訪れて富や幸福が舞い込むようにめでたい歌をうたいながら小型の俵をころがし祝福してまわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たわら【俵】

わらやカヤなどを編んで作った袋。穀物、炭などを入れる。普通、米俵をいう。 「 -に詰める」
[句項目]

たわら【俵】

姓氏の一。

ひょう【俵】

[1] ( 名 )
たわら。
( 接尾 )
助数詞。たわらに入ったものを数えるのに用いる。 「米二-」 「炭五-」 〔上に来る語によって、「びょう」「ぴょう」ともなる〕

びょう【俵】

( 接尾 )
ひょう(俵) 」に同じ。 「米三-」

ぴょう【俵】

( 接尾 )
ひょう(俵) 」に同じ。 「一-の米」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


たわら

俵編み台を使い、藁(わら)の小束を細縄で編んでつくったもので、米俵、種籾(たねもみ)俵、塩俵、海産物の俵(俵物)、炭俵、灰俵などがある。おもに運搬のための容器として使われ、物資流通上の役割は大きかったが、貯蔵、保存にも用いられた。米俵がもっとも一般的で、これはすでに『延喜式(えんぎしき)』(927)には「凡公私運米、五斗為俵、仍用三俵為駄、自余雑物、亦准之。其遠路国者、斟量減之」(凡(およそ)公私の運米(うんまい)五斗を俵と為す、よって三俵をもって駄(だ)と為す、自余(じよ)の雑物またこれに准ず。其(それ)遠路の国は斟量(しんりょう)これを減ず)とあり、容量も定められていたようである。当時の俵は、絵巻『信貴山(しぎさん)縁起』(平安時代後期)では、両端の口の結束が不明確だが、本体部は最近まで使われていた米俵と大差なく描かれている。絵巻『粉河寺(こかわでら)縁起』(鎌倉時代初期)にある俵には桟俵(さんだわら)がみえている。桟俵の出現は俵装の大きな改良であり、これの編み方や当て方はいろいろあった。米俵の容量は、江戸時代には国・領で差違があるが、年貢徴米制度との関係で、おおむね地方ごとに二斗(一斗は約18リットル)から五斗くらいの間で統一されていた。全国的な統一は明治時代末以降の産米改良政策によってであり、米穀取締りの各府県令で一俵が四斗と定められ、これが全国に及んだ。この府県令では俵の仕様まで決めている。麦の場合の一俵は、大麦は五斗、小麦は四斗とする例が多い。また、塩俵、炭俵の容量についても流通経路などによって地方ごとに異同があった。[小川直之]
『農商務省編・刊『米作ニ関スル府縣令 1904年』(農業発達史調査会編『日本農業発達史4』改訂版・所収・1978・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俵の関連キーワード空荷草履下駄弁当藁沓藁薦藁草履藁筵軽籠藁金剛

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

俵の関連情報