兎・兔(読み)う

大辞林 第三版の解説

う【兎・兔】

「うさぎ」の古い言い方。 → うの毛

うさぎ【兎・兔】

ウサギ目の哺乳類の総称。耳が長い。前脚が短く、後脚が長く、よく走る。上唇は縦に裂け、いわゆる三つ口で、上顎じようがくの門歯が二対ある。草食。野ウサギ類と穴ウサギ類に分けられ、ヨーロッパの穴ウサギを家畜化して品種が多い。肉は食用。チンチラやレッキスは毛皮が珍重され、アンゴラの毛は羊毛などと混紡して糸・織物とする。 [季] 冬。 〔鳥に擬して、一羽二羽とも数える。月に兎がすむという伝説は仏教説話で、インドから中国を経て日本にもたらされたが、月の兎の餅つき伝説は日本独自のもの〕

おさぎ【兎・兔】

〔上代東国方言〕
ウサギ。 「等夜の野に-狙ねらはりをさをさも/万葉集 3529

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android