コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内浦[町] うちうら

百科事典マイペディアの解説

内浦[町]【うちうら】

石川県珠洲(すず)郡,能登半島北東部の旧町。耕地が少なく,かつては能登杜氏(とうじ)として出稼(でかせぎ)する者が多かった。葉タバコキュウリ,トマトなどを産する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うちうら【内浦[町]】

石川県北部,珠洲(すず)郡の町。人口8233(1995)。能登半島の先端に位置し,日本海に面する。町域の大半を奥能登丘陵が占め,松波川,九ノ里川尻川沿いと沿岸部に低地が開ける。鎌倉時代は九条家領若山荘のうちにあり,室町時代には畠山氏が松波城を築いて支配した。江戸時代は加賀藩領で,松波には鍛冶町本組などの町々が形成され,収納蔵,塩蔵などが置かれた。南部の小木は天然の良港で,中世から漁港として栄え,現在も県下有数の漁業基地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

内浦[町]の関連キーワード能登半島国定公園能登杜氏