コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内浦[町] うちうら

2件 の用語解説(内浦[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

内浦[町]【うちうら】

石川県珠洲(すず)郡,能登半島北東部の旧町。耕地が少なく,かつては能登杜氏(とうじ)として出稼(でかせぎ)する者が多かった。葉タバコキュウリトマトなどを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うちうら【内浦[町]】

石川県北部,珠洲(すず)郡の町。人口8233(1995)。能登半島の先端に位置し,日本海に面する。町域の大半を奥能登丘陵が占め,松波川,九ノ里川尻川沿いと沿岸部に低地が開ける。鎌倉時代九条家領若山荘のうちにあり,室町時代には畠山氏が松波城を築いて支配した。江戸時代は加賀藩領で,松波には鍛冶町,本組などの町々が形成され,収納蔵,塩蔵などが置かれた。南部の小木は天然の良港で,中世から漁港として栄え,現在も県下有数の漁業基地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内浦[町]の関連キーワード珠洲市坂出珠洲鈴鹿飛騨見附島すず塩田村すずなり八木又作鈴駒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone