コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部転換 ないぶてんかん internal conversion

2件 の用語解説(内部転換の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部転換
ないぶてんかん
internal conversion

励起状態にある原子核基底状態に転移するとき,γ線を放出するかわりに,その核のまわりの軌道電子エネルギーを与え,軌道電子を外に放出する現象。核に近い内殻の軌道の原子ほど内部転換が起る確率が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ないぶてんかん【内部転換 internal conversion】

原子核の励起された状態が崩壊してよりエネルギーの低い状態に遷移する場合に,γ線を放出するかわりに,軌道電子をたたき出す現象。一度γ線が放出され,それが電子に吸収されるという二次的な過程として起こるものではなく,γ崩壊とは独立に起こるもので,したがって,その分だけ崩壊定数は大きくなっている。放出される電子のエネルギーは,遷移エネルギーから電子の束縛エネルギーを差し引いたものとなり,γ線のエネルギーよりやや小さくなる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の内部転換の言及

【原子核】より

… γ線は原子核の励起状態がより低い励起状態,または基底状態へ遷移する際に放射される波長の短い電磁波(光子)である。実際にγ線が放射されるほかに,そのエネルギーがまわりをとりまく電子の一つに吸収され,電子が放出される過程もあり,内部転換と呼ばれている。遷移は放射される電磁波の多重極により電気双極子(E1),電気四重極子(E2),磁気双極子(M1)などのように特徴づけられる。…

※「内部転換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内部転換の関連キーワード核エネルギーγ崩壊原子エネルギー原子核物理学反跳メスバウアー効果励起原子核崩壊光増感反応飽和効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内部転換の関連情報